« クリケット基礎知識講座 チーム編 第五回 南アフリカ | メイン | インドキャプテン6試合出場停止 »

2005年04月13日

●ウエストインディーズ凋落

80年代から90年代半ばにかけて無敵の強さを誇ったウエストインディーズですが、ここ最近は代表チームの低迷と共に国内でのクリケット人気もサッカーに負けているとか。

象徴的だったのが、今回の南アフリカ遠征において試合のテレビ中継は無く、ラジオ中継のみだったという事です。
南アフリカはもちろん、イギリスでもテレビ中継が見れるにも関わらず国内中継が無いのは異常ですね。

強いウィンディーズ復活はいつの日になることやら。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cricket.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/127

コメント

本と昔は手がつけられないくらい強かったのにね。トップからボトムまで全員が6うちまくってて、今のAUSより全然強かった気がする。。。ボーラーも皆背が高くて、早かったし。。

速い、でかい、強い、と三拍子揃った上に格好良かったですよね。
Viv Richardとかはたまにチャリティーマッチに出てるみたいですけど。

何気にRichie Richardson&Desmond Haynessが好きでした!vivは超合金みたいな感じでしたね(笑)あのおもそーなバット、カンガのバットみたいに見えてたし(笑)

Haynesも調子に乗ったときは手が付けられなかったですよね。
あのチームだけ別のスポーツをやっていた感じです。

WIかぁ・・・昔は強かったよねぇ。俺が大学入ったばっかりのころ、みんなエンジのハットをかぶっていた気がするよ(笑) Richie Richardsonすごかったもんね。

今じゃ皆黄色の帽子ですよね。
NZのユニフォームなんてゆうたさんやまつちかさんぐらいしか思い浮かばない…

Ambroseと道ですれ違ったら土下座する。

たしかSobersだか誰だか、カウンティーで1オーバー36ラン取ってるよねぇ?
これは古すぎるか。

Sobers古いですね。さすがにリアルタイムでは見たことありません。Ambroseはサインもらったとき、子供だったせいもあり、腰から上が確認できませんでした。(笑)

コメントする