« イングランドAshes 2nd Testメンバー発表 | メイン | ICCランキング更新 »

2005年08月02日

●イングランドメンバー追加

2ndテストに向けてPaul Collingwoodがナショナルチームに追加されました。
現地情報によると、ここ数日強い雨が降っており、ボーラー有利のコンディションが見込まれるためバッツマンを補強する必要があるかもしれないとのこと。

Collingwoodがスタメン入りすれば、スピナーのGilesが落とされると言われていますが、本人はマスコミに叩かれすぎてヘコんでいます。
自分のコラムに愚痴を書いたり、チームのセラピストと頻繁に会っているとか。

新聞に書かれたGiles批判の一例:

彼がコラムを書く時ぐらいの頭の回転をボーリングでも出来ればWarneの半分ぐらいの価値は出るだろうに。幸運な選手だ ―Martin Samuel
Giles批判は僕が現役の頃と比べると問題にもならないね。 この弱虫め! ―Geoffrey Boycott
彼は使い物にならんだろう。ウィケットも取れないし、点も取れない。 10人でやったほうがまだましなんじゃないの? ―Dave Houghton


…そりゃあノイローゼ気味にもなりますね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cricket.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/404

コメントする