« 8月全体練習 | メイン | 20ウィケット »

2005年08月18日

●Afro-Asian Cup

Ashesの影に隠れてひっそりと行なわれていたニュージーランド対ジンバブエのテストの影に隠れてひっそりと行なわれていたアフリカ代表対アジア代表のODIシリーズ。

アフリカ代表と言っても、ジンバブエやケニアからも選手が選ばれているので、南アフリカ単体で出たほうがよほど強いのは間違いありません。

試合はあのセンチュリオンパークで行なわれたにも関わらず、観客がわずか数百人と、選手達もいまいちやる気の出ない環境で開始しました。
結果はアフリカ代表が2ラン差で勝利に終わりましたが、試合後の選手や解説者はかなり淡々としており、この試合に対する期待の薄さを感じさせました。

この分だと来年の開催は危ういですね…

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cricket.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/441

コメント

選手の面子的には、かなりいいレベルなんだけどね。特にアジアは、「えっ、この面子で負けたの?」って感じ。。。Day/Nightとはいえ、平日の開催では、あまりお客さんも呼べないでしょうね。。。。

この試合はODIステータスすら与えられていないので、特にアジアチームはやる気ゼロでしたね。
彼らは代表の試合ですらやる気ゼロの時があるのに、チャリティーマッチとほとんど変わらない試合で頑張るわけが無いですよね。

そういえばこの試合のアンパイアは来日もしたSteve Davisですね。。。

コメントする