« マレーシアジュニアクリケット | メイン | 女子トーナメントに同志社と混合チームで出場! »

2005年08月19日

●Bond, Shane Bond

bonds.jpg
先程行なわれたジンバブエとのテストシリーズで27ヶ月ぶりに国際試合に復帰したShane Bond。
2nd Testで10-99と自身初の10ウィケットバッグを記録し、華々しく復帰戦を飾りました。

相手がジンバブエということもあり、ニュージーランドファンは10ウィケットよりも、彼が怪我をせずにすんだことのほうが嬉しかったかと思います。
まだ復帰後初テストシリーズということで、全力で投げてはいないそうですが、それでも平均時速140km以上を毎回記録。
最高速度150km以上のボーラーのなかでは一番”クリーン”なアクションから繰り出されるインスイングで次々とバッツマンをなぎ倒していきました。

3年前に腰を痛めてから復帰しては怪我を繰り返し、もう駄目かと言われていたので、本人にとっても嬉しさはひとしおでしょう。
ニュージーランドにはBondより速いといわれているファーストボーラーのRichard Sharlockという選手もいますが、彼も既に腰を痛めています。。。

ニュージーランド政府はもう一度給食に牛乳を加えるべきだと思います。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cricket.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/447

コメント

ほんと、数字もさることながら、今回のシリーズで怪我をしなかったことが何よりの収穫かと思います。

これで、今年12月のワンデイシリーズ、vsオーストラリアが楽しみになってきましたな。2003年ワールドカップでの活躍ぶりがまだ記憶に新しいので、期待したいところです。

http://aus.cricinfo.com/db/ARCHIVE/WORLD_CUPS/WC2003/SCORECARDS/SUPSIX/AUS_NZ_WC2003_ODI-SUPSIX5_11MAR2003.html

トランスタスマンシリーズは毎回なかなか面白いですよね。
Shane Bondはオーストラリアが苦手(とされている)リバーススイングも投げられるので、オーストラリアバッツマンにとっても良い練習になるかと思います。