« ■WL FFE戦 | メイン | Dean Jonesアウト »

2006年08月08日

●基準発表

ICCから、公式試合の区分け基準について発表がありました。
その中では、テスト、ODI、ファーストクラス、Twenty20、女子等のマッチステータス判断基準が記されています。
ここ数年で公式フォーマットが多様化したり、ICCスーパーシリーズの登場などによって、ステータスの基準について盛んに議論されてきましたが、今回明確な基準が発表されたことで、大分わかりやすくなりました。

主な点は、"Test"がテストステータスを持ったフルメンバー代表同士によるテストルールに則った試合、もしくはフルメンバー代表と、ICC選抜の混合チームによる試合と明記されたことでしょうか。
これによって去年行われたジョニーウォーカーシリーズは、今後もテストマッチと認められることになりました。
その他にはワールドカップ予選プレーオフや、アジア杯、アフロ・アジアカップ等にODIステータスが与えられています。

女子のODIステータスは、ワールドカップ参加国もしくはICCランキング上位10チームのみに与えられるそうなので、10月に予定されている日本対パプアニューギニアはODIにならなそうです。

一方ファーストクラスステータスは、相変わらずケンブリッジ大学vsオックスフォード大学にも与えられいるので、まだまだ珍記録は続きそうな気がします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cricket.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1180