« Langerも引退 | メイン | Vaughanキャプテン復帰 »

2007年01月05日

●5-0

Mcgarcel.JPGオーストラリアが5th Testを10ウィケット差で勝ち、シリーズを5-0で終えました。試合自体は特筆すべきものが無い程の圧勝で、引退組のMcGrath、Warne、Langer全員が勝利に貢献しました。

上記の3人は引退するものの、今シリーズでSymonds(Ave. 58.00)やClarke(Ave. 77.80)の復調、そしてボーリングではClark(26Wでシリーズ最多ウィケット数)の台頭などがあり、シリーズ後の見通しも明るそうです。

イングランドはやはりボーリングでの大誤算が最後まで響きました。
シリーズ全体でわずか41ウィケットしか取れず、アベレージも40以下がPanesar1人のみという結果。
全シリーズで猛威を振るったペースアタックが完全になりを潜めてしまい、これではいくら打撃陣が頑張っても勝てません。
バッティングもBell(Ave. 33.10)、Cook(Ave. 27.60)、Strauss(Ave.24.70)の若手トリオが沈黙し、ここ数年バッツマンの若返りを推し進めて来たイングランドセレクターを裏切る結果に。

とはいえ3連敗後のイングランドは明らかに覇気に欠けていました。
Vaughan復帰後どのようにチームを立て直していくのでしょうか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cricket.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1395

コメント

まぁ、予想通りの結果かもしれませんね… 今回のEng.のペースボーラーがそう安定するとも思えませんでしたし… まぁ、勝手に今後に期待しますが 笑

確かに勝敗だけ見ればオーストラリア圧勝ですが、プレーの1日1日を見てるとイングランドが押していた日々も少なくなかっただけに、それなりに見ごたえはあったシリーズかと思います。

オーストラリアは、このシリーズだけで4人が引退を決めた上、他のメンバーも30歳以上のプレーヤーがほとんどなので、次回Ashesではガラッと顔ぶれが代わっていることでしょうね。一方のイングランドは、年齢的には若めなので、ほぼ今回と同じメンバーが経験を積んだ上で戦えるのでは、と言われています。

まだまだ2年半後ですが、もう次のシリーズが待ちきれませんね。。。

イングランドの完敗のシリーズでしたね。初戦で結構頑張れるかなぁと思ったのですが、ボーラー陣の崩壊がひどかった・・・・。

求む!Gough復活!(笑)

実は5-0を予想してた人って結構いたっぽいですね。
これを期にまたイングランド暗黒時代に突入しませんように。。。

McGrathが引退…
なんだか寂しいです(T_T)

これからの両チームの動向が気になりますね

zwrot podatku z holandia, praca na terenie holandii, zwrot podatku holandia, odzyskaj zwrot podatku

I’d come to buy into with you one this subject. Which is not something I usually do! I really like reading a post that will make people think. Also, thanks for allowing me to speak my mind!

Heard about this site from my buddy. He pointed me here and informed me I’d discover what I require. He was correct! I acquired all the questions I had, answered. Didn’t even take long to seek out it. Adore the truth that you produced it so easy for individuals like me.

This is a very cool blog, thanks a great deal for this! I've read a great deal about this topic in the past and I agree with you.

Wow! That was a really great article... Please keep writing because I love your style a lot.

コメントする