« インドアクリケット vs YFK, vs YMCC | メイン | ヨーロッパ各国、イングランド女子リーグ参加 »

2009年02月01日

●Afghanistan&Uganda2部昇格

wcl3_logo_horiz.gif

先週始まったWCL3部、AfghanistanとUgandaが上位2チームとなり、WCL2部昇格を決めました。
今大会は2部昇格だけではなくワールドカップ最終予選も兼ねているため、重要度が更に増したものとなっていました。

予選ラウンドを終えて、最終的な順位は:

アフガニスタン
ウガンダ
パプアニューギニア
香港
ケイマン諸島(WLC4部落ち)
アルゼンチン(WLC4部落ち)

となり、アフガニスタンにとっては5部から数えてWCL3連勝となりました。
今大会で一番悔しかったのは最終戦までトップを守っていたパプアニューギニアでしょう。唯一の敗戦だったアフガニスタン戦で大敗を喫し、NRR差で3位となってしまう不運。特に最終戦は雨天中止となるまでウガンダ、アフガニスタン両チームとも劣勢だったのですが、、、

さて、これによりいよいよ2011ワールドカップ最終予選参加国が決定しました:

カナダ
アイルランド
ナミビア
オマーン
スコットランド
ウガンダ
アフガニスタン
バミューダ
デンマーク
ケニア
オランダ
UAE

上記12チームが6チームずつの2グループに分けられ、上位4チームがワールドカップ出場。6位までがODIステータス(&強化費沢山)取得。8位までがICCインターコンチネンタルカップ(4日制のファーストクラスクリケット)参加権獲得となり、ワールドカップだけでなく、その後4年間のスケジュールに大きな影響を及ぼす大会です。

願わくばアフガニスタン、ウガンダ、ケニア、アイルランドなどの自前の選手が主力のチームに頑張って欲しい物ですね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cricket.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1783

コメントする