« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

2005年06月30日

●二十六杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

26hidechan.jpg

警固。秀ちゃんラーメン。
福岡では有名ですね。






続きを読む "二十六杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●アンパイア&テクノロジー

ODIルール変更のどさくさにまぎれて、テクノロジーの試験運用も発表されていました。

今年10月に行なわれるJohnny Walkerスーパーシリーズ(オーストラリア対その他)でアンパイアはレッグアンパイアとスタンプマイク(!)からの音を聞くことが出来るようにするとか。

既にアンパイアは無線でサードアンパイアとコミュニケーションがとれるようになっていますが、レッグアンパイアと話したり、スタンプマイクからのフィードバックを受けられるのは大きいと思います。

これまでも騒音などでエッジが聞こえなかった事は多々あり、コートやLBW、バットパッド等の大きな助けになりますね。
LBWにサードアンパイアが導入されるのはいつの日やら…

●Sobers

sobr.jpg
クリケット史上、Bradmanと並び称されることが多いSir Garfield Sobersが現在のウエストインディーズのクリケットに対してコメントをしました。


”昔はパッヅも無く道路でクリケットの技術を学んだ”

”凋落の原因は誰もストリートやビーチでクリケットをやらなくなったことにあると思う。今では車で迎えに行かなければクリケットをやろうとしない”

”パッヅやヘルメット、きちんと整備されたピッチが無いとプレーしたがらないんだ”


日本人から見ると贅沢な話です。
SobersやChappellはドリルやエクササイズよりもこういったUnstructured Cricketこそが上達への近道と言っています。
むしろ初心者や子供に技術練習を強調すると、後で伸びなくなるそうな。
最近のウエストインディーズを見ていると本当にそう思いますね。

●強化プログラム

ICC総会後、アソシエート国の強化プランが発表されました。

それによると、アソシエート国上位6カ国にこれまでケニア(そしてテストステータス前のバングラディッシュ)だけが持っていたODIステータスを与え、強化費として4年で約5000万円を援助するそうです。

続きを読む "強化プログラム"
2005年06月29日

●Warneメール

warn.jpg
色々な意味で伝説を作っているShane Warneですが、英Sun誌が彼と浮気相手とのメールを掲載しています。

内容がかなりアレなので、訳をここに載せる事は出来ませんが、興味のある方は覗いて見て下さい。
…キモイです。

●二十五杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

25ikkousha.jpg

地下鉄 赤坂駅から警固交差点に向けていって、ちょっと横に入ったとこ。
博多新とんこつらーめん一幸舎。






続きを読む "二十五杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●日本、アソシエートメンバー昇格

mani.JPG
先日行なわれたICC総会で日本を含む5カ国(ベルギー、ボツワナ、クエート、タイ)がアソシエート、そして新たに4カ国(ガンジー、マリ、スロベニア、ジャージー)が新しくアフィリエートメンバーに承認されました。

アソシエートメンバーはその国にしっかりとクリケットが根付いていると認められたメンバーがなり、ICCからより多くの権利や補助金を得られることが出来ます。

これでICCの会員国は96となりました。
是非ともセンチュリーを達成して欲しいものです。

●雨天中止

昨日のイングランド対オーストラリアは前半が終わった頃に雨で中止となりました。
Goughが70ランと大被弾し、Harmisonをオープニングに持っていくべきとの声が上がり始めています。

尚、NatWestチャレンジでODIの新ルールが適用されるとECBから正式に発表があり、注目されています。

2005年06月28日

●二十四杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

24ponpoko.jpg

大橋駅前徒歩2分。たぬきのマスコットがかわいいポンポコ亭。







続きを読む "二十四杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●あと少しでICC Trophy

アソシエートメンバー最強国を決めるICC Trophyが今週金曜日から始まります。

前評判ではカナダ、バミューダ、アイルランドあたりが強そうですが、何しろこのレベルでは情報量が圧倒的に少ないので何が起こるかわかりません。

EAPブロックから勝ち上がってきたパプアニューギニアが苦しい戦いを強いられそうなのは間違いありません。

一応注目すべき選手はカナダのJohn Davison(前回ワールドカップで67球センチュリー)と、今シーズンのCountyリーグでトップスコアラーになっているアイルランドのEd Joyceでしょうか。

●まんじゅう怖い

Wisden Cricketerの最新号に最も怖いバッツマンのリストが載っていました。

アンケートは代表レベルのボーラー26人を対象にしており、オーストラリアのウィケットキーパーAdam Gilchristが1位となっています。

ちなみに一番遠く飛んだ打球のアンケートでは、ニュージーランドのNathan Astleが最速ダブルセンチュリーを達成した時に打った場外シックスが選ばれています。

GilchristはODIで95、テストで83と規格外のストライクレートを残しており、選ばれたのも納得できます。
彼やSehwagはボーラーやシチュエーションでは無く、ボールで打つことを決めているのが強みだそうです。

続きを読む "まんじゅう怖い"

●アフリカ対アジア

AACC(Afro-Asian Cricket Co-operation)は8月中旬にアジア代表対アフリカ代表がODIシリーズを行なうと発表しました。

アジア代表はインド、パキスタン、バングラディッシュ、スリランカから。
アフリカ代表は南アフリカ、ジンバブエ、ケニアから選ばれるそうです。

AACCによるとこのシリーズは毎年行なう予定で、開催地はアジアとアフリカが交互になるとか。
シリーズによって得られた利益の70%が開催国に支払われるということで、クリケット発展への貢献を期待されています。

アフリカ代表は最低でも後10年は全て南アフリカの選手で構成されるような気がしますが、クリケット界が盛り上がるなら良いとしましょう。
参加する選手はオーバーワークに気をつけて欲しいものです。

2005年06月27日

●ODI新ルール

先週末行なわれたICC総会で、ODI新ルールの試験導入が承認されました。
承認されたルールは提案通り守備制限の拡大と選手交代の2つです。

守備制限は従来の15オーバーから最初の10オーバー+5オーバーのブロック2つ(計20オーバー)となり、イニングスのどの期間にブロックを使うかは守備側のキャプテンが選べます。
選手交代はフィールディングのみ認められていたのが、試合中いつでもバッティングまたはボーリングに参加することが出来、交代した選手はその試合に戻れなくなるという野球に似た感じになりそうです。

試験期間は10ヶ月で、その後評議会のレビューを経て正式に導入される予定だとか。
尚、導入日は現在オーストラリアとイングランドで争われるNatWestチャレンジが有力候補になっています。

新しい守備制限が導入されれば1イニングス400ランはもう目の前ですね。
これまでよりもっとキャプテンの責任が増えるでしょう。
選手交代要員はオールラウンダーを選んで後半のバッティングまたはボーリングを厚くするという形になるのでしょうか。
どうせならボーラーのオーバー制限を無くして欲しかったです。

●二十三杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

23ittetsutsuki.jpg

いってつ二回目です。







続きを読む "二十三杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●Warne破局

クリケット選手の鑑、Shane Warneがとうとう離婚しました。

昨日発表されたプレスリリースによると、離婚という形にはなったが3人の子供の育児は共同で行なっていきたいとのこと。

結婚後10年でとうとう離婚となったわけですが、むしろ10年続いた事にびっくりです。
WarneといいShane WatsonといいMicheal Clarkといい最近のオーストラリア選手は振られてばかりですね。
やはりクリケットは他のスポーツと比べると非モテ系です。

●引き続きNatWestシリーズ

先日行なわれたイングランド対バングラディッシュは、特に盛り上がる事も無くイングランドが5ウィケット差
で勝ちました。
今やバングラディッシュ人1億人の期待を背負って立つAshrafulがゴールデンダックに終わってしまったのが痛かったですね。

これでイングランドはNatWestシリーズ決勝進出が決まったのですが、シリーズ決勝戦が終わった後もNatWestチャレンジと称するODI3連戦が控えており、イングランドファンもいささか食傷気味のようです。

でも1stTestまでもう3週間余りとなっています。
クリスマスより楽しみですね。

2005年06月25日

●6月18日国際的全体練習

6月18日全体練習
618cricket.jpg
この日の全体練習は、アドレにとってちょっと特別な全練でした。
だって、あの「おーひら」さんが一時帰国してるんです。
大勢の参加予定者で雨が心配されていた中、雨に打たれることなく無事に練習ができました。

続きを読む "6月18日国際的全体練習"
2005年06月24日

●二十二杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

22ippuudosio.jpg

GW最終日、
日曜の夜にやってたのはここだけでした。







続きを読む "二十二杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●KCL v FujiFarEast戦

far.JPG
KCL vs FujiFarEast戦
FujiFarEast won by 49runs.
FujiFarEast Innings : 201runs 7wickets. (40overs)
ADORE Innings : 152 runs all wickets.(35.3overs)

ADORE Pointer : じぇら

続きを読む "KCL v FujiFarEast戦"

●NatWest第二ラウンド

先日行なわれたNatWestシリーズ第二ラウンドのイングランド対オーストラリアはオーストラリアが57ラン差で勝利。

とうとう泥沼の4連敗から抜け出し、エンジンがかかり始めてきたようです。
この試合でBrett LeeとAndrew Symondsが戻り、2人ともオーストラリアに欠かせない選手と言う事を証明しています。
KasprowiczとGillespieが引き続き不調の中、Leeはこのまま活躍すればテストチーム入りも充分有り得ます。

イングランドはバッティングセカンドの5オーバー目で6ラン3ウィケットとなっており、その時点で既に勝利は難しいものとなっていました。
158-9になった時はナイトゲームにも関わらず照明が点く前に試合終了かとも思われましたが、そこからテイルのGough(46*)とHarmison(11*)が踏ん張り、意地のハーフセンチュリーパートナーシップを達成しています。

ちなみにキャプテンのVaughanはまだ怪我で、数試合は欠場するということ。
正直足でまといでしたよね。。。

●ダメゼッタイ

ニュージーランドの外務大臣Phil Goffは、自国の選手のジンバブエ遠征を止められないが、将来ジンバブエのチームを入国拒否するだろうと述べました。

これはムガベ独裁政権を受けてのもので、基本的人権が尊重されない限りニュージーランドの方針は変わることは無いとか。

もし自国のチームがジンバブエに遠征することを止めてしまうと、NZクリケット協会にICCから2億円以上もの罰金が課されるので難しいところです。
これから遠征に行く選手は複雑な心境に違いありません。

ちなみにNZ協会の役員らは今週末に行なわれるICCのAGMがあるため、コメントは取れなかったそうです。

2005年06月23日

●二十一杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

21west.jpg

ウエストって中華料理屋さんしってる?








続きを読む "二十一杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●ベジタリアン

久々に日本語のクリケットニュースです。


クリケットのインド代表チーム監督に最近、就任したオーストラリアの往年の名選手グレグ・チャペル氏(写真)が肉食を拒否し、ベジタリアン(菜食主義者)になるよう呼び掛ける動物愛護団体のキャンペーンに協力する声明を出した。


クリケットの監督は選手より目立つと必ず失敗するジンクスがあるだけに、不吉な予感がします。


動物愛護団体、「動物の倫理的取り扱いを支持する人々」(PETA)は、クリケットのバットを持ったチャペル氏を写真を使い、菜食主義を推進するポスターを作成。


「わたしは赤身の肉と乳製品を食べるのをやめ、アレルギー症状が治った」


あまり論理的取り扱いとは関係無いような気もしますが、まあ良いでしょう。
お金儲けはもう良いので、さっさと仕事をしてもらいたいものです。

●Super Cricket

Super Cricketなるクリケットのボードゲームが日本のオークションサイトに出品されています。

入札ゼロ、1万円スタート、送料込みということなので、欲しい方は是非どうぞ。

でもこれならモノポリーのほうが絶対良いですよね。。。

●Warne警告

Shane Warneの最新スキャンダルを受けて、オーストラリアクリケット協会のCEOがコメントを発表しています。

もちろんこれは彼個人の問題だが、物事には限度というものがある。 そういった行動は責任を取ってもらう必要があるだろう。

今まで同じような問題を繰り返したり、ドーピングしたり、喫煙しているところを撮影した子供をしばこうとしたり、ブックメーカーにチーム情報を流していたりしても目を瞑っていたのに、引退間際になるとこれですか。

ジンバブエ遠征をボイコットして干されたStuart McGillが可哀想ですね。

2005年06月22日

●NZチーム発表

ニュースの主力が最近面白系から国際試合系に移りつつありますが、段々このマニアックなネタについて来れる読者が多くなってきたようで嬉しいです。
…その分アクセスは減っていますが。

さて、8月から始まるジンバブエ遠征のニュージーランドチームが発表されました。
ジンバブエ遠征はNZ政府が難色を示していただけに正式に決定したようでなによりです。

続きを読む "NZチーム発表"

●二十杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

20kairyu.jpg

魁龍です。小倉総本店







続きを読む "二十杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●Chappell頑張る

先月インドのコーチに就任したばかりのGreg Chappellが、Phoenix Global Solutionsというソフト会社に見学に行き、クリケット用解析ソフトのデモを見たそうです。

なんでもこのソフトは5年ほど前にAnil Kumbleと元インド代表のJavagal Srinathのサポートを受けて開発されたもので、バッツマンやボーラーの解析に使うことを目的としたものということです。

クリケットのテレビ中継を読み込ませることによってプレーをデータベース化し、Tendulkarの解析をしたければ、彼のミスショットや空振り、見逃ししたリプレーや各統計値を出力してくれるとか。
同じように特定のバッツマンやボーラーの長所と短所も出せるそうです。

このソフトは他にも南アフリカが使っており、ナショナルチームの分析には欠かせない存在になってるということです。

インドはこういうものを作るのは得意そうですよね。
分析されるぐらい上手くなってみたいです。

●大味

ashsweep.JPG
オーストラリアの不調やバングラディッシュの番狂わせのおかげで異様な盛り上がりを見せているNatWestシリーズ。
昨日はイングランド対バングラディッシュが戦いました。

バングラディッシュはこの試合までなんと9戦中5勝もしており(Zim3、Ind1、Aus1)、チーム状態は良かったのですが大被弾。
Paul CollingwoodとAndrew Staussがセンチュリーを打って、ODI歴代2位となる391-4を叩き出しました。

Collingwoodはボーリングでも絶好調で、ODIとしては破格の6ウィケットを奪取。
残りの4ウィケットをGoughの代わりにスタメンに入ったChris Tremlettが取り、168ラン差で勝利となっています。

しかしこの試合で特筆すべきはオーストラリア戦でセンチュリーを打ったMohammad Ashrafulです。
この試合でも52球94ランと大爆発しており、なかでもイングランドのエースボーラー、Harmisonから1オーバーで19ランを打ち込むという活躍振り。
CollingwoodはAshrafulを”全盛期のTendulkarを見ているようだった”とコメントしており、この20歳のバッツマンの将来が楽しみです。

2005年06月21日

●アクセスログ プロバイダ編

旧サイトのアクセスログから、ここ1ヶ月アクセスがあったプロバイダランキングを掘り出してきました。
もう更新は止まっているのであまり面白くは無いですが。

続きを読む "アクセスログ プロバイダ編"

●一九杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

19hakata.jpg

博多駅の四番ホームにある らーめん屋です。






続きを読む "一九杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●ODI新ルール

もしICCが今月の会議で提案された議題を承認した場合、NatWestシリーズが旧ルールで行なわれる最後のODIとなりそうです。

議題にはODIの新ルールとして、バッティングまたはボーリングも出来る選手交代と守備制限を15オーバーから20オーバーに拡張し、制限オーバーの割り当てをキャプテンが自由に決められる等があります。

新ルールが認められれば、これから行なわれるワールドカップ予選などにも影響を及ぼすので、ICCからの公式発表が待たれます。

●チャリティーマッチおかわり

世界各地で行なわれている津波チャリティーマッチですが、今回はBritish OvalでTwenty20の試合が行なわれました。

今回はInternational XI対Asia XIとなっており、そのなかでも目玉選手はこの日のために復帰したAdam Hollioakeでしょう。
Hollioakeは元ホームグラウンド観客の期待に応えるハットトリックを達成し、球場を大いに盛り上げたそうです。

試合は後攻のInternationalXIが元オーストラリア代表のGreg Blewettの61球91ランを柱に勝っています。

この試合から約2億円が慈善団体に寄付されました。

●Warne×

ここのところ毎週のようにWarne関連のニュースが舞い込んできますが、今回はイギリス人女性との浮気が発覚しました。

英タブロイド誌にWarneが誘った女性のコメントが載っており、執拗に誘われた割にはベッドでのパフォーマンスは”早すぎてどうしようもなかった”そうです。

だいだひかる並みにどうでもいいですが、スーパースターなので仕様がありません。

2005年06月20日

●一八杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

18tatsu.jpg

大橋駅から徒歩三分。
麺屋 達です。






続きを読む "一八杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●週末のオーストラリア

pont.JPG
Ashes遠征開始以来2連敗中のオーストラリアは2日前バングラディッシュと対戦しました。

この試合がオーストラリア、イングランド、バングラディッシュによるNatWestシリーズの初戦になったのですが、バングラディッシュはここまでODI通算成績が9勝96敗と楽天を遥かに凌駕する記録を残しており、実質2チームによるシリーズと思われていました。

続きを読む "週末のオーストラリア"

●週末のイングランド

オーストラリアとは対照的に、週末のイングランドは良いニュースずくめでした。

まずオーストラリアとのODIですが、前日バングラディッシュに負けて戦意喪失気味ということもあって、快勝。Harmisonが5ウィケット、Pietersenが61球91*と、投打のエースが活躍するという理想的な展開だったそうです。

続きを読む "週末のイングランド"
2005年06月18日

●一七杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

1798bankan.jpg

いつもいく飲み屋、九十八番館。に、なぜかラーメンが・・・・
一点公のお隣。








続きを読む "一七杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"
2005年06月17日

●一六杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

16ittenkou.jpg

いつもいく飲み屋、九十八番館のお隣。一点公。








続きを読む "一六杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●スコアリング

インドクリケット協会はホームページ立ち上げに伴い、国内ファーストクラスの試合をパソコンで記録する計画を発表しました。

スコアリングに使われるソフトは現インド代表Anil Kumbleの家族が作ったものだそうです。
ソフトの使い方については来月にでも数日間かけてセミナーを開く予定だとか。

これによって、BCCIのサイトに日単位でスコアを更新することが容易になるそうです。
母体が国内リーグのスコアを掲載するのはあまり珍しくはないですが、むしろITに強そうなインドでスコアの電子化が遅れていた事に驚きました。

プロのスコアラーは無数のストップウォッチと七色のペンを駆使してスコアを付けるのですが、その光景が見られなくなると思うと少し寂しいですね。

●Bodylineボール

bod.jpg
日本クリケッターの間では宗教のように唱えられている”Bodyline"ですが、その試合で使われたボールがオークションに出されました。

Bodylineシリーズからのボールはオークションに出された事がまだ無いそうで、落札額はおよそ10万円と見られています。
余裕がある方は是非どうぞ。
ちなみにこのボールでオーストラリアバッツマン、Bert Oldfieldの頭蓋骨にヒビが入ったそうです。


●アンパイア日記

テストアンパイアのDerryl Harperによる日記サイトを発見しました。
彼がアンパイアした試合の舞台裏や、テストアンパイアの苦労話などが書かれていて非常に面白いです。

日記は英語で書かれていますが、アンパイアを目指している人は是非読んでみてください。

2005年06月16日

●一五杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~

15ten-1.jpg

九州から帰ってきたのにちっとも更新されていなかった30杯の旅ですが、
ようやく準備が整ったのでまた毎日更新しまっっす♪

今日も行きました、大橋駅から徒歩3分。
てん。
「立占」←で一文字 (てん)



続きを読む "一五杯目!グルメDEアドレ番外編 ~九州とんこつラーメン30杯の旅~"

●Twenty20マスターズ

往年の名選手を対象としたTwenty20のクリケット大会が来年四月にバミューダで行なわれるそうです。
参加資格はテストステータス国元代表で35歳以上の選手で、最初のシーズンには8チーム程度の参加を見込んでいるとか。

参加を決定した選手のなかにはChris CairnsやChris Harrisといった現役の選手や、Joel Garner、Mike Gatting、Clive Rice等の懐かしい名前も含まれており、少なくとも日本のマスターリーグよりは面白くなりそうです。

●Ashes DVD

ashdvd.jpg

以前お伝えした通り、Cricshopで南アフリカシリーズのDVDが発売中です。

さらにHistory of AshesというこれまでのAshesシリーズ(Bodyline含む)を特集したDVDも発売予定で、こちらは初回200本が元イングランドキャプテンのDavid Gowerによる直筆サイン入りだそうです。

サイン入りといえば、まだこのボックスセットもサイン入りが100本余っているようですね。

イングランドはDVDが沢山出て羨ましいものです。

●オーストラリアまた敗北

som.jpg

オーストラリアがSomersetとの練習試合に負けました。

バッティングファーストを選んだオーストラリアはHaydenとPontingの両者がリタイアするなど、余裕のパフォーマンスを見せ、50オーバーで342-5と普通の試合ならまず負けないスコアを打ちました。

しかし、スリランカのJayasuriyaと南アフリカのSmithがわずか23オーバーで200ランのパートナーシップを記録し、(Smith68球、Jayasuriya77球でセンチュリー達成)最終的に3オーバーを残して余裕の勝利となったようです。

やはりボーラー陣、特にGillespieとKasprowiczの不調が響いているようです。このままだとBrett Leeにもスタメンのチャンスがあるかもしれないですね。
Pontingは試合後のインタビューでチーム、特にボーラーに満足していないが、逆にバッツマンにとって良い練習になったので最悪の結果では無いと述べました。


オーストラリアはここ数年、どのフォーマットでも連敗をしなかっただけに、今年こそ世界クリケットのパワーバランスが変わる年になるのでしょうか?
今から10年前の1995年にオーストラリアが当時最強のウエストインディーズを破ったように、イングランドが現世界チャンピオンから王座を奪い取れるか見ものです。

でもイングランドが一位になると、イングランドファンが増えてしまいますね。
それもイヤかも…


2005年06月15日

●レビュー:Slazenger Pro Test Mens Gloves

protest.jpg
Muqueem Sportsから2005年度モデルのPro Testグラブが届いたので、簡単にレビューをします。
Pro Testはここ数年Slazengerグラブの最高級品だったのですが、今年になって新しくモデルチェンジしました。

基本的なデザインはそのままに質が上がっているとの噂でしたが、幸か不幸か2004年以前のモデルも触った事があるので、わかる範囲で比較をしようと思います。

ちなみに間違ったモデルが当初送られてきたので送料は無料でした。伝票を見ると6月10日発13日着、US$25となっています。さすがEMS!

グラブ自体はお店によって9000円から12000円ぐらいで売られているようです。

続きを読む "レビュー:Slazenger Pro Test Mens Gloves"

●チャンピオンズリーグ

Twenty20のフォーマットでサッカーのようなクラブベースのリーグを開催する構想があるそうです。
もし数年内に実現するとすれば、今のところ20オーバー制の試合が一番普及しているイングランドと南アフリカからのチームが参加することになりそうですが、将来的には世界中のクラブが参加できるようにしたいとの事。

クラブレベルでの世界的な大会はスポーツの普及にとって必須だと思われるので、頑張って実現してもらいたいものです。
100年後にはテストクリケットが無くなっているのでしょうか…
悲しいですが、それもしょうがないですね。

●津波マッチ第二弾

sm1.JPG

Lord'sで行なわれたMCC主催のチャリティーマッチはMCCXIがInternationalXIに100ラン差で勝利しました。

InternationalXI側はキーパー以外全員投げると言う(Lara含む)接待ぷりを見せたのに対し、MCCはメインボーラーを使い続け、Flemingの大人気無さが良く出た試合となりました。

ちなみにWarneをフェースする権利を落札した人はどうやら冷やかしだったらしく、イベント自体がキャンセルになってしまったとのこと。
そういう人はコンクリ漬けにして海に沈めましょう。

2005年06月14日

●女子トーナメント inジャマイカ

ウエストインディーズ女子クリケットトーナメントが7月16日から29日にかけて行なわれるそうです。

そしてその大会に参加するトリニダッド&トバゴのキャプテンを務めるのが元ウエストインディーズ代表の48歳、Stephanie Powerだとか。

女子スポーツにおいて50歳近くまでプレーするのは並大抵のことではありませんね。
まるで水島漫画のようです。。。

続きを読む "女子トーナメント inジャマイカ"

●イングランド大勝利

en.jpg

先日行なわれたTwenty20でイングランドが圧勝しました。
バッティングファーストを選んだイングランドはMVPを取ったKevin Pietersenを軸に10オーバーで100点、イニングス終了時には179-8となりました。

一方オーストラリアは代表デビューを果たしたJohn LewisとDarren Goughの新旧コンビが二人で7ウィケットと大暴れ。
31-7になった時点でもう勝負は決していました。
特にBrett LeeはFlitoffのバウンサーでボコボコにされていたようです。

試合後のインタビューでこの結果は全くテストシリーズに影響しないと両キャプテンはコメントしていましたが、久しぶりの大勝にイングランドファンは溜飲を下げた事でしょう。


●中国クリケット

去年中国政府からクリケットを始めるという発表がありましたが、早速行動に移っているようです。

既にアジアクリケット協会入りを果たした中国は、"Laws of cricket"の中国語版をパンフレットと共に北京の学校に配り始めています。
ACCからは大量のクリケット用具が贈られており、さらにコーチを派遣してクリケットアカデミーを設立する計画を建てているとか。

当初中国スポーツ省は10年以内にワールドカップ出場を目標としており、このペースだとあながち非現実的というわけでもなさそうです。

●Warne後退

最近めっきり髪が薄くなってきたWarneがAdvanced Hair Studioでハゲ防止プログラムに入ったそうです。
効果はてきめんで、既に新しい髪が生え始めているとか。

こんなどうでも良いことがニュースになるなんて、さすがスーパースターです。
いっそのことLehmannのように剃ってしまえば良いのに…

2005年06月13日

●ビザ無し

謎のクリケット団体、Cricket World International主催のWorld XI vs Asia XIの試合が延期になりました。

ヒューストンのアストロドームで行なわれる予定だったこの試合は、Asia XIで参加予定のパキスタン選手数人にビザがおりなかったため中止され、他の日程を探しているとか。

この試合はICCとUSACAの許可を得ているそうですが、怪しいですね。
どちらにしろトップクラスの選手を呼んで試合をできるのは幸せです。

●盗難

Michael ClarkeとMichael Kasprowiczの用具が盗まれたそうです。

先日行なわれたLeicestershireとの練習試合が終わってからバスに荷物が積み込まれる間に盗まれた可能性が高いと警察は発表しています。

Clarkeのバッグにはバット5本とユニフォームが入っており、バットは直ぐに代替品が届くそうなのですが、ユニフォームは間に合わないため、今日行なわれるEnglandとのTwenty20には他の人の名前が入ったユニフォームを着ることになりそうです。

とんだ災難ですが、クリケットでは良くある話ですね。
去年もオーストラリアで盗難騒ぎがありました。
あんな重くてでかい(特にプロの)バッグを盗むのは根性が必要です。

●SOLD!

先週お伝えした、津波チャリティーの試合でWarneに1オーバー投げてもらえる権利ですが、どうやら5万ポンドで落札されたようです。

5万ポンド=約1000万円ですか…
1球約170万円ということは佐々木を雇うより安いですね。

続きを読む "SOLD!"
2005年06月11日

●コルトーナ ウェディングヒルズ@たき&理沙

0506011-00.jpgコルトーナウェディングヒルズのホームページにたっきーと理沙の結婚式の様子が掲載されています。アドレのメンバーも映っていたりして楽しいですよ!

コルトーナウェディングヒルズホームページ

続きを読む "コルトーナ ウェディングヒルズ@たき&理沙"

●売り切れてた!

050424-10.jpg本blogで紹介した「クリケットモノポリー」。今日見たら売り切れてました。そこで、アフィリエイトのバナーをモノポリーからクリケットトランプに変えました。

続きを読む "売り切れてた!"

●KCL v Kytes戦

yutarob.JPGKCL vs Kytes戦
Shizuoka Kytes won by 102 runs
Kytes Innings : 179 runs 9wickets. (36.3overs)
ADORE Innings : 77 runs all wickets.(23.4overs)

ADORE Pointer : じぇら

続きを読む "KCL v Kytes戦"
2005年06月10日

●Ashes開始

Ashes遠征のオープニングマッチとなったこの試合。
20オーバー制の俗に言うTwenty20(ダサい…)形式で行なわれました。

試合結果はPCAの167-6に対し、オーストラリアは1球を残し勝利しています。

試合内容はFlemingのゴールデンダックあり、Clarkのハットトリックありとイベント満載だったようです。
PCAのオープニングを務めたのは42歳のDevon Malcomだったのですが、最初の3オーバーで38ラン取られ、あえなく撃沈したとか。
さすがにこういった形式ではHaydenとGilchristのオープニングコンビが驚異的です。

遠征中にイングランドとも20Twentyを行なうらしく、20オーバー形式発祥の地としての意地を見せてもらいたいものです。

●学生選手権

2005年度男子学生選手権の簡易結果が、晴れてアドレ入りを果たしたTecさんのブログに掲載されるようです。

簡単なスコアでも、いっぺんに見れると便利ですよね。
私も今年KCLコミッティーに入って、スコア集計の大変さに気付きました。。。

●今週のドーピング

dame.JPG

もはやクリケット選手が禁止薬物を使って出場停止になっても、あまりニュースになりませんね。
やはりWarneのインパクトが大きすぎたかもしれません。

というわけで今回はスコットランドの選手、Asim ButtがMDMA(エクスタシー)を使った事が薬物テストで明らかになり、1年間の出場停止を受けました。

それにしても、コカイン、大麻、MDMAなどで捕まる選手が多い中、筋肉増強剤などはあまり聞かないです。
ICCのテストが甘いのでしょうか。。。


●2011年ホスト

先週オーストラリアとニュージーランドが2011年ワールドカップを共催する発表をしましたが、今度はアジア諸国(インド、パキスタン、バングラディッシュ、スリランカ)も共催をしたいと表明しています。

現在ワールドカップの主催国は地域別に順番を守って決められていますが、アジアにはテストステータスを持った国が4あるので、枠を一つ増やすべきというのが主張らしいです。

しかし、その数日後BCCI(インドクリケット協会)が出来ればインドだけで行いたいとコメントしており、いきなり足並みを乱しています。

昔のようにインドとパキスタンだけの共催ならまだなんとかなりそうですが、流石に4カ国となるとつらそうです。

2005年06月09日

●JCA総会2005

5月29日(日)18時から東京体育館でJCAの総会が行われました。

内容は、
・平成16年度事業報告
・平成16年度収支決算
・平成17年度事業計画
・平成17年度収支予算
・理事選任
・会員登録について
・MCCについて
こんな感じ。

続きを読む "JCA総会2005"

●Warne表彰

warpic.jpg

Shane Warneの絵がLord'sのLong Roomに飾られるそうです。
これでクリケットの歴史において、BradmanやWG.Grace、Richard Hadleeと肩を並べる存在になりました。

Long Roomは控え室からピッチに出る通路の途中にあり、来月の第一テストでWarneは自分の写真を見ながら試合に臨むことになりますね。

Warneといえばグーグリー、フリッパー、ズーター等の変化球で知られていましたが、最近では正確なレッグブレークにトップスピンを混ぜ合わせたとてもオーソドックスなスタイルになっています。
そのほうがアベレージが良くなっているので、ある意味ボーリングの真理をついていますね。



●2007年ワールドカップピッチ

先月バルバドスでグラウンドセミナーが2日間に渡って開かれ、2007年にウエストインディーズで開かれるワールドカップに向けて、速いピッチを作っていくということで合意がされました。
大学の地質研究所と組み、2年の間にバウンドのばらつきを無くし、より高いバウンドをするようなピッチを目標とするそうです。
さらにグラウンドマンにもトレーニング受けさせて、グラウンド管理の資格を作る予定だとか。

大体新しいピッチが落ち着くまで12-18ヶ月と言われているので、今始めるとタイミング的には丁度良いですね。
クリケットはピッチに弾んだ球を打つスポーツ。
ピッチ管理はその国のクリケットスタイルを決めてしまうほど重要なので、これからウエストインディーズのファーストボーラー復活が見られるのでしょうか。

2005年06月08日

●クリケット基礎知識講座 数字編

野球と同じように、クリケットと数字は密接な関係にあります。
ここでは各データの求め方と意味について解説していきます。

続きを読む "クリケット基礎知識講座 数字編"

●Crucial Over

MCC主催のチャリティーマッチで、Tendulkarから15分間のコーチング&Warneから1オーバーをフェイスする権利がオークションに出品されました。
締め切りは土曜日です。

14日のランチブレークに行なわれるそうです。
Tendulkarからコーチングってあまり役にたたなそうですね。

Warneから6球受けるのは面白いかもしれません。
全部チャージしてシックスを狙いたいものです。

●定年退職

davids.jpg

ウエストインディーズがBrian Laraの健闘も空しく、2nd Testを113ラン差で落としました。

Inzyは本当に良いところでセンチュリーを打ちますね。
2ndイニングスでのセンチュリーはバッツマンの勲章です。

そしてアンパイアのDavid Shepheredもこれが最後のテストとなりました。
各地から(日本でも)彼を惜しむ声が上がっています。

●2005Ashes明日開始!

ash.GIF


イングランドファンにとってはワールドカップより楽しみなAshesがいよいよ明日始まります。
これから3ヶ月、オーストラリアやイングランドはクリケット漬け(ファン含む)になりそうですね。

オーストラリアの初戦の相手は伝統に則りPCA XIなのですが、今年のチームは結構強そうです。

続きを読む "2005Ashes明日開始!"

●大いなる休暇 ロードショー開始!

050608-00.jpg6月4日より始まった大いなる休暇を見に行きました!というか・・・見に映画館までいったんですけど、みれませんでした。銀座で結婚式の2次会があったので、その前に見ようと2時からの会を見に行ったのですが・・・・なんと、満席でした(泣)

聞いたら、立ち見になるということ。110分立ち見はつらいなぁと思って、見るのやめました。近々、また足を運ぼうかと思います。

続きを読む "大いなる休暇 ロードショー開始!"
2005年06月07日

●ICC Trophy 2005

icc-logo.gif


来月の一大イベントと言えばAshesですが、実はもう一つ目が離せないイベントがあります。
去年日本で行なわれたEAPチャレンジの延長にある、ICC Trophyという大会です。

これは2年程前から行なわれてきたアフィリエート&アソシエートクリケット協会のワールドカップ予選最終ステージで、参加国12チームの内上位5チームがワールドカップ出場権を獲得できるそうです。

7月1日から13日にかけてアイルランドで行なわれるこの大会は、我がEAPエリアからFijiを破ったパプアニューギニアが出場を決めており、注目したいところです。

公式サイトはこちらから

続きを読む "ICC Trophy 2005"
2005年06月06日

●オーストラリア到着

オーストラリアナショナルチームがついにイングランドに到着しました。

キャプテンのRicky Pontingによると、2ヶ月近くテストクリケットから遠ざかってきたので、最初にワンデイの試合がいくつか組まれているのはありがたい。精神的なアドバンテージを得るために全てのODIで勝ちを狙っていくつもりとインタビューで述べていました。

オーストラリアは今月だけでワンデイを10試合を消化。そして来月からAshesが始まります。

1ヶ月でKCL1シーズン分をプレーするプロは凄いですね。
高校球児よりも酷使されています。。。

●圧勝2

ついに今月から始まるオーストラリアとのワンデイシリーズを控えているイングランドですが、バングラディッシュとの第二テストも最初の試合と同じようなスコアで圧勝しました。

ルーキーIan Bellのメイデンテストセンチュリー(162*、 168球)とTrescothickの2試合連続センチュリー(152、148球)ぐらいしか特に見所は無さそうです。

逆にセカンドイニングスでバングラディッシュに300ラン取られたボーラー陣のほうが心配でしょうか。
これでBellはアベレージをBradmanの3倍の297.00にしています。
将来が楽しみな23歳ですね。

一方、現在進行中のウエストインディーズ対パキスタンでBrian Laraがキャリア30個目のセンチュリーを打ちました。
センチュリー30個だけで最低でも通算3000ランになりますね。
そのうち800ランは2つのセンチュリーからですが。。。
さすが現代最高のバッツマンです。

2005年06月02日

●ICC Test ranking 6月

昨日発表されたICCのテストランキングでウエストインディーズのBrian Laraが一位になっています。

その他は特に目立った動きは無く、オーストラリアの選手が上位を占めています。

このランキングでは弱い国(例:バングラディッシュ)相手に良い成績を収めてもあまりポイントが上がらないので、アベレージよりも選手の価値がわかりやすくなっています。
そのかわり、怪我で試合をしていない選手に対してのペナルティーが低いというのが欠点ですが。

もうPWCのランキングでは無いので少し違和感を感じますが、”オフィシャル”というのは良い響きです。

●5ウィケット

先週の土曜日、ウェールズの草クリケットリーグでハットトリックならぬ5ウィケットを5球で取った強者がいたそうです。
彼の名前はJohn Williamsで、最初の3人をボールド、後の2人をコートでアウトにしたとか。

彼は試合後、まるで夢のようだったとコメントしています。

テストレベルでは最近Andrew Caddickがウエストインディーズから1オーバーに4ウィケット取ったのが記憶に新しいですね。
ウエストインディーズは最近そんなのばっかです。。。

関係無いですが、スターウォーズの作曲を担当している人もJohn Williamsですよね。

2005年06月01日

●インド合併難色

wcci.jpg

以前、インド女子クリケット協会(WCAI)が男子クリケット協会(BCCI)と合併を持ちかけていることをお伝えしましたが、BCCIのほうは合併に難色を示しているそうです。
既にWCAIはICCから合併の要請を受けており、来年4月までに合併しなければインド女子チームの公式ステータス剥奪もありうるとか。

BCCIは当初、合併拒否の理由を公表しなかったのですが、今月のミーティングで組織的な問題を話し合ってから返答すると発表しています。


続きを読む "インド合併難色"

●ラッキーカラー

肘の怪我で戦線離脱中のSachin Tendulkarですが、パキスタンの占い師によるとTendulkarは今年で引退してしまうそうです。

彼は熱烈なクリケットファンで、今年の初めにTendulkarが肘の怪我をすることや、昔Imran Khanが脛を痛める事も当てていたとか。

それによると、最近行なった肘の手術が原因で引退することになるらしいのですが、それなら手術前に教えてあげれば良かったのでは…

●稼ぎ時

ICCから発表されているテストランキングで1位のオーストラリアが賞金約5000万円を受け取りました。
今後、毎年ランキング一位のチームに賞金が渡されるそうです。
なお、10月に行なわれるスーパーシリーズに勝った場合、さらに約2億5千万円を貰えるとか。

現在ランキング2位のイングランドはAshesに5-0で勝つと、オーストラリアに代わって1位に上がれるそうです。
無理ですね。