« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月31日

●オーストラリア観客

crowdd.jpg現在行われているVBシリーズで、スリランカと南アフリカへ向けられた観客の野次が問題になっています。
その野次は差別用語満載らしく、怒った南アフリカは今後のオーストラリア遠征をキャンセルする事も視野に入れているそうです。ホームチーム(オーストラリア)と対戦している時は特に野次がひどくなり、アパルトヘイトの歴史を持つ南アフリカに対してあまりにも心無いと非難の声が。

皮肉なことにニュージーランド遠征の際、観客の行動を非難していたのもオーストラリアでしたが、どうやら人のふり見て我が身は直せなかったようです。
白豪主義の残り香はまだ隠せないようで、今回の事件はクリケットと人種差別問題の密接な関わりをまたもや思い出させることになりました。

●ドナルドキャンセル

dododo.jpg南アフリカのAlan Donaldがイングランドボーリングコーチの申し込みをキャンセルしました。
キャンセルと共に、関係者に迷惑を掛けた事を謝罪しています。

ボーリングコーチの仕事にはナショナルチームの面倒を見る他、クリケットアカデミーでコーチングをしたり、各ジュニアチームに派遣されたりするので、Donaldには元々荷が重すぎたような気がします(彼はコーチングの資格を持っていない)。

最初からLillieやAkramあたりを誘っておけば良かった様な気もしますが、ECBなので仕様が無いですね。

2006年01月30日

●モンティー

mont.jpgイングランドのレギュラースピナー、Ashley Gilesの怪我を受けて、若手スピナーのMonty Panesarがインド遠征メンバー入りを果たしました。

Panesarは今期ホームでアベレージ17.8、アウェーで28.9とGilesと比較して2倍の成績を残しており、久々のインド系代表ということもあり、期待が高まっています。

質の高いスピナーはどの国も喉から手が出るくらい欲しがって居ますが、Gilesの後釜ぐらいプレッシャーのかからないポジションもそうはありませんね。
写真を見る限り、Bishan Bediとそっくりなんですが。。。

●アドレクリケットクラブ2006年度総会

060126-00.jpg1月22日(日)にアドレクリケットクラブ2006年度総会が行われました。

2005年度まで、7年間代表を務めてくれたつかちゃんから、新代表としてたっきーへの世代交代(!?)が行われました。7年もの長い間お疲れ様でした>つか。新代表としてこれからもアドレを盛り上げていってくださいね!>たき

続きを読む "アドレクリケットクラブ2006年度総会"
2006年01月29日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~クリケット編 2nd Test~

2ndtest.jpgオーストラリアに行ったらクリケットが観れる!ホテルでテレビで観るもよし、スポーツバーに行って飲みながら観るもよし・・・
ということで、ついて早速やっていた2ndTestについてです。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~クリケット編 2nd Test~"
2006年01月28日

●アドレ慰安合宿番外編 ~トラブル~

adore-mark.gif2005年12月3日(土)4日(日)で、行なわれた、毎年恒例のアドレ慰安合宿の番外編です。

前編、中編、後編とお送りしてきた、アドレ慰安合宿の様子ですが、実は一切触れていない出来事がありました。それが今回のエントリートラブル編です。

続きを読む "アドレ慰安合宿番外編 ~トラブル~"

●レビュー:Albion Test Series Elite Helmet

alb.jpgCricketのHeadwear分野で、高い支持を集めるAlbion社。
今回は、革新的な外見が魅力のAlbion Test Series Helmetに注目です。

■Albion Test Series Elite Helmet
 軽量な材質(ポリプロピレン)がむき出しでありながら、その優美な曲線にときめきすら覚えます。プラスチックは曲げると強度が落ちますが、ポリプロピレンは曲げても強度が落ちないのです。

そして、9つある通気孔すらもデザインに変えてしまう美しさ。リリースされた年には、オーストラリアで芸術的な工業品に対する賞を受賞していましたが、納得ですね。

続きを読む "レビュー:Albion Test Series Elite Helmet"
2006年01月27日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~イベント編 ビーチ~

event_beach_10.jpg朝もゆっくり起床し、TVのクリケットを見ながらボーっとしていましたが、せっかく海の近くにいるんだし、泳ぎに行こう!ということになりました。水着に着替えてなかが前日に買ったVBのクーラーボックスにVBを入れて海へ出発。宿から徒歩2分ぐらいでビーチに到着します。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~イベント編 ビーチ~"

●肘曲がり最新情報

712botha.jpgデビュー試合から怪しいと思われていましたが、南アフリカの若手スピナーJohan Bothaが肘曲がりの疑いでレポートされました。
これによりBothaは来週の水曜から西オーストラリア大学のバイオメカニクス研究所で各テストを受ける予定です。

アクションを見る限りミディアムボーラーっぽいですが、案の定オフスピナーに転向したのはつい最近だったとか。しかしリリース直前は肘がかなり怪しくなり、決め球のDoosraを投げるアクションはMuraliを彷彿させます。

やはりDoosraと肘の相性はかなり悪いらしくこれまでもMurali、Harbhajan、MalikといったDoosra使いが次々とレポートされています。
ようやく南アフリカに期待のスピナーが登場したと思ったらレポートとは。。。
Paul Adams復帰の日が近づいているような気がします。

●選手対協会

stri.jpgジンバブエの選手達が未払いの給料をめぐって協会に対し訴訟を起こしました。未払い額は約US20万ドルに及んでいたのですが、インフレのため現在US70万ドルにまで膨らんでいるとか。

インフレや通貨価値の下落による給与額の調整は契約内容に盛り込まれておらず、例え選手側の訴えが認められたとしても、協会に支払い能力があるかは甚だ疑問だとか。

ジンバブエは今年ケニアやバングラディッシュとODIを予定していたのですが、現状のままだとさらに弱体化したチームを選出せざるを得なくなってきました。
上位アソシエート国にも負けそうです。。。

●密輸

先日ドイツへの麻薬密輸に関して、フランクフルト空港当局の発表がありました:

インドからクリケットとホッケーのボールに大麻を詰める、アルゼンチンからチェスの駒にコケイン、そしてボリビアからコケインを自転車に詰め込む、といった密輸失敗例が12月に当フランクフルト国際空港で起きた。

大麻が詰まったボールでクリケットをプレーしたらどんな事になるのでしょうか。。。
とりあえずIan Bothamは大喜びでしょう。

2006年01月26日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~食事編 Day4~

meal_day4_00.jpgDay4は、ゴールドコースト3日目です。この日は、日本を出る時点で特に予定を入れていない、唯一の日でした。1日目、2日目と予定よりお金を使っていなかったので、夜は豪華ディナーになりました。

さて、どんなものを食べたのでしょうか?!

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~食事編 Day4~"

●Gilchristの新パートナー

gilpart.jpg

オーストラリアのウィケットキーパー・バッツマン、Adam Gilchristがオープニングパートナーについてコメントしています:

"これまでのキャリアでオープニングパートナーは主にMark WaughとMathew Haydenだったけど、最近はカトーと打つことが多くなってきたよ"

続きを読む "Gilchristの新パートナー"

●ストーンズ

還暦を迎えてもまだまだ元気なローリングストーンズは現在アメリカツアー中。

ツアーでは簡易ジムやスヌーカーテーブルを要求しているらしいですが、彼らが最優先項目としているものは、衛星放送でクリケットが見れるかどうかだそうです。

ミュージシャンは無職の時にクリケットにはまったと言う人が多く、エルトンジョンやエリッククラプトン等も熱狂的なクリケットファンで知られています。
ローリングストーンズも昔からクリケットが大好きで、良くチャリティーマッチに参加していました。
クリケット関係者によれば、彼らの技術は”小学生並み”ということですが。。。

●ジンバブエ前進

現在政府によって運営されているジンバブエクリケット協会が、テストステータスを1年間返還しました。

来年2月までテストクリケットを行わず選手強化に専念するのが目的だとか。
しかし返還したのはあくまでテストステータスのみなので、今年のチャンピオンズトロフィーや、通常のODIには問題なく参加出来ます。
一方、協会が国営になったことでストライキを中断していた選手達も、未払いの給料が支払われると同時に代表を引退する可能性が高いと見られています。

ドバイに本拠地を構えるICCはこの発表を歓迎しているようですが、結局会長は辞任せず、国外でプレーしているAndy Flower, Heath Streak, Tatenda Taibu等の主力選手は復帰する気が無いということで、何も変わっていないような気がします。。。

2006年01月25日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~オーストラリアに負けない~ Day4

Day4_beach01.jpgさて、だいぶゴールドコーストを満喫してきた4人^^

しかし、明日にはゴールドコーストから移動しなければいけません。
さぁ、何をしようかなーと考えたとき…やっぱりここでは海でしょう!!

今日はぶっちゃけここであまり書くことはありません。
詳しくは料理編とイベントの海編をご覧下さいませ♪

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~オーストラリアに負けない~ Day4"

●アイルランドvsイングランド

今年の6月にアイルランドがイングランドをベルファストに迎えてODIを行うそうです。
ワールドカップ出場を決めた影響もあり、クリケット人気が高まっているアイルランド。
チケットは6000枚販売される予定ですが入手困難が予想されています。

アイルランドクリケット協会によると、低迷していた時期にサポートしてくれた人に還元をしたいと言う理由から協会会員に優先的にチケットを販売したいと発表しました。

去年はスコットランドもイングランドと試合を予定していましたが、惜しくも雨天中止になってしまいましたね。
出来れば6月までにアイルランド出身のEd Joyceが代表入りして、地元に凱旋して欲しいものです。

●想定の範囲内

foundsha.jpg当ブログのエースで4番、Shane Warneがオーストラリアのテレビドラマシリーズ、Neighboursに出演します。劇中に彼の慈善団体、"The Shane Warne Foundation"が登場し、それに付随する形での登場となるとか。

国内で一番人気のスポーツ選手が一番人気のあるドラマシリーズに出演ということで、例えるなら王貞治が欽ドコに出演するようなものですね。
引退後は是非クリケット以外のことで頑張って欲しいです。

2006年01月24日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~イベント編 ダイビング~

event_day2_00.jpgゴールドコーストの目玉イベント第2弾、ダイビングです。朝のお迎えも早く起きられるか心配していましたが、楽しいことが待っているかと思うと寝起きもよく、テンションも少しずつ上がっていきました。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~イベント編 ダイビング~"

●クリケットポッドキャスト

実は大分前からありますが、インドの元オープナーSunil GavaskarのポッドキャストがYahooIndiaからダウンロード出来るそうです。
話題は主に現在行われているパキスタンとのシリーズについてです。
テスト中は毎日更新が行われています。

Gavaskarの解説やインタビューはなかなか面白いものが多いので、機会があったら聞いてみたいですね。
InsideAdoreのポッドキャストの需要ってあるんでしょうか。。。

●助っ人制限

gramgo.JPG代表チームをクビになったGoughがイングランドの助っ人選手についてコメントしています

”イングランドでプレーする外国人選手の給料に上限を設けるべきだと思う。
彼らは皆上手くなるためにイングランドに来ていると言っているが、噂ではかなりの高給を貰っているらしい”

”もし本当に上達するために来ているのならば、給料に制限を付けてもイングランドでプレーするはずだ”

…えーと、この人は確か高額の出演料に釣られてクリケットの遠征を辞退しましたよね?

2006年01月23日

●Chris Cairns引退

carinsmile.jpg90年代のニュージーランドクリケットを常にリードして来たChris Cairnsが引退を発表しました。プレーを楽しめなくなったという事と、今シーズンの不調を理由に挙げています。

同じくテストプレイヤーだったLance Cairnsの子供として生まれ、父の引退後数年で代表入りを果たしました。

続きを読む "Chris Cairns引退"

●ボーリングコーチ候補

dofare.jpgイングランドのボーリングコーチの最有力候補に南アフリカの元ファーストボーラー、Allan Donaldの名前が挙がっています。
Donaldは現役時代にCountyのWarwickshireでプレーしており、引退後もそこでボーリングコーチをしていました。
もし雇用された場合、テストチームのボーラー達をコーチングする他、ECBのクリケットアカデミーでジュニア選手も教える予定だそうです。

Donaldはクリケット史上最も綺麗なボーリングフォーム(次点はHolding)を持っていると思うので、案外良いコーチになるかもしれないですね。
キャリアを重ねるに従って次第にランアップを短くしたり、球種を増やしたりしたという事も好感度アップです。

●球拾い

ballbauy.jpgオーストラリアのTwenty20クラブリーグ決勝戦で、とうとうクリケットにもボールボーイが登場するようです。

20オーバー制のTwenty20では1イニングスの時間制限が厳しいため、ボールボーイの導入が望まれていましたが、クラブマッチとはいえ実現したのは今回が初めてです。

調達方法は他のスポーツと同じく、ローカルの子供達から募集する予定だとか。
これでバウンダリーロープがますます狭くなりそうです。

2006年01月22日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~クリケット編 Day3~

richie_benaud.jpg
クリケットを目的にオーストラリア旅行へ行く際にはずせないのは、もちろん本場のクリケットを思う存分観る、というところにあると思います。

クリケットを観るためには、もちろんスタジアム観戦が一番おすすめです。でも、オーストラリアも広いので、すべての試合をスタジアムへ行って観ること何てできませんよね…そう、日本で野球中継が当たり前のようにテレビで観れるように、オーストラリアでは、とっても簡単にクリケットの試合をテレビで観ることが出来ます!

今回は、クリケットをテレビで観るには!?に焦点を当てます。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~クリケット編 Day3~"

●Akram見逃した

パキスタンの裁判官、Malik Mohammad Qayyumが2000年の八百長事件について、当時疑いを掛けられていたWasim Akramの刑を軽くしたと証言しました。

その事件では他にも数名裁判に掛けられましたが、いずれも永久追放を受けています。
Qayyumはインタビューで、パキスタンの英雄であるAkramを追放することが出来ず、罰金とキャプテンシーの剥奪のみに留めたとコメント。

この証言を聞いて、永久追放された選手達が早速訴えを起こしており、パキスタンクリケット協会も弁護士団を雇って調査を進めているとか。

2006年01月21日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~食事編 Day3~

meal_day3_31.jpgDay3は、ゴールドコースト2日目です。

1日目は、土ボタルの感動で締めくくられました。2日目は、ダイビング>サーファーズ探索>ホテルで自炊というイベントだらけの1日でした。どんな食事にありつけたのか。特に夜のてらしシェフによるディナーは必見ですっ!

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~食事編 Day3~"
2006年01月20日

●オールラウンダーLee

leebat.jpg先週行われた南アフリカとのODIでキャリア初のODIハーフセンチュリーを打ったBrett Leeがオールラウンダーを目指しているそうです。
キャプテンに打順昇格をアピールするため、今シーズンにテストセンチュリーを打ちたいとコメント。

彼はAshesでもそこそこ打ちましたし、パワーはあるので頑張ればそこそこのオールラウンダーになれるのでは無いでしょうか。
確かここ最近でテストセンチュリーを打ちたいと言ったボーラーは、Ashley GilesやShane Warneでしたね。
彼らを差し置いて、メイデンテストセンチュリーを打てるのでしょうか。。。

●ナイキとインド代表

ナイキとインド代表がスポンサー契約を結んだことを以前お伝えしましたが、どうやら靴のエンドースメントは選手個人に任せているそうです。
なので、選手によってはアディダスやリーボックをまだ履いているとか。

今シーズン発売のナイキによるクリケットシューズ、Air Platformは9900ルピー(約2万6千円)とインドでは法外な値段で発売予定。普通のクリケットシューズ10足分、そしてMRFの最高級バットより高いです。

この契約では靴を除いたアパレル類全てにナイキのロゴを入れられるそうですが、以前Shoaib Akhtarがリストバンドに規定よりも大きなロゴを入れたという理由で出場停止処分を受けているので、気をつけないといけないですね。

2006年01月19日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~オーストラリアに負けない~ Day3

day3_kanaterayu.jpgやっと飛行機での移動から解放された4人。

昨日は土ボタルに行って帰りが遅くなったけど、ゆっくり寝て…という訳にはいきません(笑)
今日は前半の山場、ダイビングの日ですっ。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~オーストラリアに負けない~ Day3"

●ICCチャンピオンズトロフィー終了

インドのクリケット協会、BCCIが公式に2008年ICCチャンピオンズトロフィーの不参加を発表しました。
理由は既報の通り、インドのクリケットシーズンである10月に他の試合を行いたくないからとのこと。
これで大会の主な収入源(インドテレビ局への放映権売却)を失ったことになり、このままだとチャンピオンズトロフィー開催が危ぶまれます。

ICCがもう少し開催国に収入を還元したり、開催月を変えれば良いのですが、1協会に振り回される姿も相変わらずですね。

続きを読む "ICCチャンピオンズトロフィー終了"

●Goughも終了

giobo.jpg
インド遠征に選ばれなかったことについてDarren Goughがお冠のようです。
”ODIにおいてベストボーラーの私が選ばれなくて残念です。(私のようなボーラーは)近くのスーパーでは買えない、このレベルに達するには長年の歳月がかかるだろう。”

続きを読む "Goughも終了"
2006年01月18日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~イベント編①土ボタルツアー ~ 

event_01_00.jpgゴールドコーストの目玉イベント第1弾、土ボタルツアーです。

まず、土ボタルとは・・・・英語名Glow Worm(グローワーム)、日本語では親しみをこめて土ボタルと呼んでいますが、本当はホタルではなくキノコバエ科に属するブヨの一種で、特に幼虫の時におしりの先端が強く光る発光虫の事です。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~イベント編①土ボタルツアー ~ "

●97*

myan.JPG
どこかで見たことのあるようなバッティングフォームですが、ミャンマーがICCに加盟する予定です。加盟が正式に承認されれば97番目の加盟国となります。
今年度のアフィリエートメンバー加盟申請はミャンマーのみで、他にはマラウイとバヌアツがアソシエートメンバー昇格を目指しているとか。

続きを読む "97*"

●アジア対オセアニア

2011年のワールドカップホスト国にアジアとオーストラリアが立候補しました。

アジアのほうは、テストメンバー4カ国(インド、パキスタン、スリランカ、バングラディッシュ)の合同開催。
オーストラリアも1992年と同じく、ニュージーランドとの共催を視野に入れているとか。

1975年にワールドカップが始まって以来、ホスト国は各テストメンバーで持ちまわってきましたが、今回からICCが候補国の中から選ぶことになりました。

アジアが選ばれた場合、利権が複雑に絡み合いそうです。
Inside Adore的にはアジアが選ばれたほうが嬉しいかも。。。

2006年01月17日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~クリケット編 Day2~

waca.jpg今回の遠征でスタジアムで観る予定の試合は、1月2日から始まるオーストラリア対南アフリカテストシリーズ第3戦です。

このシリーズ第1戦は、12月16-20日 パースのW.A.C.A. Groundで行われました。
第2戦は、オーストラリア遠征初日の12月26日-30日 メルボルンのMCGで行われるので、そのころゴールドコーストにいるうちらは、テレビで観る予定でした。


さて、夏のAshesでEnglandに惜しくも敗北したあとは勝利が続くオーストラリアのTest代表ですが、今回のシリーズでも圧勝することが出来るのでしょうか?

シリーズの第1戦のプレビューは、
「続きを読む」から☆

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~クリケット編 Day2~"

●引き続き平坦

virwagon.PNG
インド対パキスタンの1stテストでは相変わらず平坦なピッチが幅を利かせているようです。
雨や日照の関係で既に今日が最終日ですが、Rahul DravidとVirender Sehwagが400パートナーシップ達成。
伊達につい最近まで数十年間ドローシリーズを繰り返していませんね。

Dravidはいつも通りストライクレート50をうろちょろ。
Sehwagもいつも通りストライクレート100をキープ。

続きを読む "引き続き平坦"
2006年01月16日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~食事編 Day2~

meal_day2_30.jpgDay2は、大韓航空機内からゴールドコーストまでです。

機内で夜を越したメンバーは、早朝食事の案内で目が覚めます。そうなんです。到着が7時だったので、ご飯がでるのは5時前。朝ごはんというには速すぎる時間なのですが・・・強制的に起こされました。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~食事編 Day2~"

●アドレ2006 慰安合宿 ~後編~

adore-mark.gif先週末、12月3日(土)4日(日)で、毎年恒例のアドレ慰安合宿が行なわれました。
後編、2日目の様子です。

2日目。朝起きてみると・・・なんと、チェックアウトの時間が過ぎてました!!びっくり。次の日の予約がないということで、宿の人のご好意により、チェックアウト時間を遅くしてもらえたので助かりましたが、一同びっくりでした。

続きを読む "アドレ2006 慰安合宿 ~後編~"
2006年01月15日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~番外編:換金編~

aus_060115-00.jpgオーストラリアツアーで、3万円(342オーストラリアドル)得した私たち~

オーストラリアで使う通貨は当たり前ですが、オーストラリアドルになります。
現地でのお金をどうするか。これは、結構悩むところになると思います。そこで、本エントリーでは、アドレ的換金方法を紹介します。この換金方法で、今回ツアーに参加したメンバーは、総額3万円ぐらい得しています。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~番外編:換金編~"
2006年01月14日

●口八丁

youni.jpg現在行われている、パキスタン対インドのテストシリーズ@パキスタン。
今回もシリーズ開始前にパキスタンキャプテンのInzamam-ul-Haqが:

”今回のパキスタンボーラー陣はファーストボーラーが充実しているから、ピッチも速球有利なよう、序盤にシームしやすいピッチを作らせるよ”

とコメント。
ところが試合前のトスに勝つと躊躇無く先行を選択。

1日目
326/2
(Younis Khan 147*, Mohammad Yousuf 95*; 85 overs)

2日目(進行中)
679/7d
(Younis Khan 199, Mohammad Yousuf 173, Shahid Afridi 103, Kamran Akmal 102)

と、蓋を開けてみれば、いつも通り平坦な"パンケーキピッチ"でした。。。
なかでもAfridiとAkmalは両者とも80球でセンチュリー達成。
チームのランレートも4を超え、パキスタンが順調なスタートを切っています。

ジャイアン、あんまり苛めないで!

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~オーストラリアに負けない~ Day2

day2_naka.jpg韓国からシドニー行きの飛行機に滑り込みで搭乗した4人。

2日目のスタートです。よいよオーストラリアに入国だっ♪

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~オーストラリアに負けない~ Day2"

●新テクノロジー2006

hawk2.jpg
数日前に行われたオーストラリア対南アフリカのTwenty20で、実験的にキャプテンにマイクを取り付け、中継中に聞こえるようにしたところ、視聴者にかなり好評だったようです。

Channel9は、マイクの導入をODIでも進める計画があり、さらにHawk Eyeに続く新たなテクノロジーも今シーズンお披露目する予定だとか。
噂では新テクノロジーはサーモスタットを利用したもので、LBWの判定を視聴者にさらにわかりやすく出来るそうです。

2006年01月13日

●混合チーム

Emma Macdonaldが何故クリケットに混合チームが認められないのかという記事を書いていましたが、その中で、同じ質問をクリケットラジオ番組に投稿したらこんな答えが返ってきたそうです:

”もし混合チームが認められたら、Shane Warneのチームは、彼と10人のスウェーデン美女で構成されるね、HAHA-”

何故か頷いてしまいました。

2006年01月12日

●カウンセラーWarne

baldas.JPG
去年育毛のCMに出演し、自らも育毛のレーザー治療を受けたWarneですが、密かにチームメート達から相談を受けているそうです。
Warneによると、手術後自分の髪は見違えて良くなり、チームメートに勧めているらしいのですが、チームで一番治療が必要なのはPontingだとか。
確かに彼はキャプテンになってからストレスのせいかめっきり髪が薄くなってきています。

個人的にはPontingよりもLeeのほうがやばい気がします。
見る度べジータと見間違えます。

●Freddieアイス

stgeor.jpgAndrew Flintoffの名を冠したアイスクリームが発売されるそうです。
本屋兼アイスクリームショップからアイスにStGeorgeの旗をデザインしたアイスクリームが発売され、彼の本のサイン会でお披露目されるとか。

鉄は熱いうちに打てと言いますが、いくらなんでも便乗しすぎでは。。。
さすがにこれは通販で取り寄せ出来なさそうです。

2006年01月11日

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~食事編 Day1~

meal_day1_10.jpgなかの担当する食事編では、旅行中に食したものを写真入で紹介していきます。

オーストラリア料理!というものが特になく、現地のものを食べようとすると食事に困ることが多いオーストラリアですが、現地料理に限らずおいしいものを食べる。をコンセプトに、過去2回のノウハウを活かした食生活になっています。

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~食事編 Day1~"

●Ponting大爆発

Pontingfac.JPG
先ほどの南アフリカ戦で、100キャップ目を取得したRicky Pontingが両イニングスでセンチュリーを打つなど大爆発しました。

100テスト目にセンチュリーを打ったのはPontingが史上6人目(その他にJaved Miandad, Gordon Greenidge, Alec Stewart, Inzamam-ul-Haq)ですが、両イニングスで打ったのはPontingが史上初とのことです。
これにより、ICCのテストバッツマンランキングでも1位をJaques Kallisから奪取。
現在31歳と年齢的にもここ数年からピークを迎えることもあり、これからどんな記録を打ち立てるのかが非常に楽しみです。

Pontingはトレードマークのプルやオンドライブも然ることながら、ピックアップやフットワークが本当に美しく、オーストラリアでクリケットをするために生まれてきたような選手ですね。
これからの課題はS.WaughやA.Borderに並ぶようなキャプテンシーを身につけることでしょうか。

●2006 Ashesチケット

bar.JPG2006・2007Ashesチケットの強烈な需要のおかげで、チケット販売の発表が延期されました。
現在イギリスから渡豪するサポーター、別名Barmy Armyの数は約2万人に達すると見られ、早くもArmyを対象としたチケットの2次販売が懸念されています。
Barmy Armyのチーフは、近年彼らがダフ屋のカモと見られていることを心配しており、フェアにチケットが分配されることを祈っているとか。
既にチケット騒動を回避するため、各クリケット場のメンバーシップを取得する動きが出始めています。

確かに前回のAshesのようなシリーズを見てしまうと、今回のチケットに数十万円を払っても惜しくない気になってしまいますね。

2006年01月08日

●新MCCメンバー

shemcc.jpg
去年アンパイアを引退したDavid ShepheredがMCCの名誉会員になったそうです。

MCCは:

”クリケットを司るMCCほどShepheredの業績を称えるに相応しい者はいないと思います。”

とコメント。

彼は引退する随分前からMCC入りが確実と見られていたので、それ程驚きは無かったですが、名誉会員にHenry Olonga(Andy Flowerと共にワールドカップでMugabe政権に抗議したため)が居たことにびっくりしました。

2006年01月07日

●アドレ2006 慰安合宿 ~中編~

adore-mark.gif先週末、12月3日(土)4日(日)で、毎年恒例のアドレ慰安合宿の中編 ~ナイトイニング~ です。

夕食を終え、温泉も満喫した一行は、男子の宿泊施設であるおっきい方のペンションに集合しました。この時点では、昼間の疲れもあり結構みんなぐだぐだでした。

続きを読む "アドレ2006 慰安合宿 ~中編~"

●ADORE Australia Tour 2005-2006 ~オーストラリアに負けない~ Day1

IMG_4240.jpg
よいよ始まりますADORE Australia Tour 2005-2006のレポートを参加者のなか、かな、てら、ゆうたで書いていきます。

今回は、これからオーストラリアに行く人や、行ってみたいと思っている人にかなり役に立つ情報万歳で提供しますのでお楽しみに!

質問などありましたら気軽に書いてくださいね。わかる範囲でお答えしますのでww

続きを読む "ADORE Australia Tour 2005-2006 ~オーストラリアに負けない~ Day1"
2006年01月06日

●ICCチャンピオンズトロフィー危機

ワールドカップと並んでICCの貴重な収入源であるICCチャンピオンズトロフィーが批判されています。
今年の開催国であるインドから、10月というシーズン真っ最中を大会に割いたにも関わらず、金銭的な見返りが少なすぎるため、次回からの出場を見合わせるかもしれないと発表がありました。
元々この大会は前インド協会会長のJagmohan Dalmiyaが提案したものでしたが、彼がインド会長から退いた直後に反発意見が挙がったようです。

現在インドは金銭的に非常に力を持っており、弱小国がまとめて反対側に流れる危険があります。
ここ最近チャンピオンズトロフィーの意義に疑問を持っている国は少なくないため、近いうちに大会の大幅な見直しがあるかもしれないですね。

●Kenya vs Bangladesh

マイナークリケット愛好者には堪らない、ケニア対バングラディッシュのODIシリーズが2月に行われそうです。当初はジンバブエも含めたトライシリーズになる予定だったのですが、内紛中のためキャンセルされました。
ケニアにとってはこれが実に1年半振りのODI。モチベーションは非常に高そうです。

今回のシリーズはICCからの強烈なプッシュがあったようで、これを機にその他のODIステータスを持ったアソシエート国も活発にODIが行えるようになれば良いですね。

2006年01月05日

●Crincinfo Magazine

dramag.JPG
新しいクリケット雑誌が創刊されました。
その名もCricinfo Magazine。

インドのInfomediaという出版社から発行され、Wisden(Cricinfoの資本元)と提携しているそうです。
Cricinfo.comと同じく主な購読層はインドで、紙面の割合も34ページをインドパキスタンシリーズに割いたりと、アジア中心となっています。

編集長はCricinfo読者にはお馴染みのSambit Bal。
ライター陣はWisden Asia Monthlyから異動する予定だとか。

要はWAMの売れ行きが思わしくないのでCricinfoの名を借りて頑張ろうということでしょうか。
雑誌とネット媒体では表現方法がかなり異なるので、どのような雑誌になるか楽しみです。

海外からの定期購読はお馴染みのCricshopから出来ます。

2006年01月03日

●不運

215506.jpg.gif最近スリランカナショナルチームに復帰したばかりのSanath Jayasuriyaが、怪我をしました。

シャワーでシャンプーを取ろうとしたら滑って肩を痛めてしまったそうです。
McGrathと言い、最近は面白い怪我が多いですね。

彼はそのままチームとオーストラリアに帯同して、現地で回復具合を見るとか。

2006年01月01日

●あけましておめでとう!

fireflower.jpg
あけましておめでとうございます!
年越しをシドニーハーバーで過ごした、アドレオースラリア遠征組みです。今回の旅行は、雄太だけでなく寺師も伝説を作り続けています(笑)詳しい様子は、帰国後、連載として公開していきます~。オーストラリアでの生活ノウハウ満載の旅行記になる予定です。

今年は、男子日本代表がEAPトロフィー、女子代表がワールドカップ予選と日本クリケット界にとっても大きな出来事がある年ですので、頑張って行きたいですね。アドレとしても、クラブとして更なる発展を目指していきたいですね!新しいプロジェクトも始めますよ~。

それでは、今年もよろしくお願いします。

続きを読む "あけましておめでとう!"