« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月31日

●またタレント発掘

sajaa.jpgもはや恒例となりつつある、インドでのタレント発掘テレビ番組ですが、今回の審査員に元オーストラリアキャプテンのSteve Waughが選ばれたそうです。

勝者には、トップリーグでプレーする機会と、賞金が与えられるとか。
番組は今年の11月から始まる予定です。

●ICCランキング@5/30

ネタはありますが、ランキングの更新です。

今回は、スリランカ戦でのセンチュリーを受けて、イングランドのPietersenが初のテストバッツマントップ10入りを果たしています。
ランキングを改めて見ると、Pontingの好調っぷりがわかりますね。

続きを読む "ICCランキング@5/30"
2006年05月30日

●5月28日技術練習@東名下

0528-3-shugo.jpgもともと2dayが予定されていた5/28日ですが、日程変更をうけて
技術練習@東名下Produced by シュンへ変更になりました。

12:30練習開始を目標に集まったのは、
しゅん、てら、はやぴー、まりこ、しずか。
このほか、雨のため試合が中止となった、Dワイバえま&しずか、
同じく中止になった練馬区での普及活動からは、まじゅの8人での練習開始。

続きを読む "5月28日技術練習@東名下"

●パキスタン対香港

JKD.gif香港女子代表がワールドカップ予選を兼ね、パキスタンに遠征してODIシリーズを行うそうです。

香港代表の一次候補には日本の飯田香織さんも選ばれているので、是非応援したいですね。
距離的にも近いので、日本代表と戦う日もそう遠くないかもしれません。

2006年05月29日

●イングランドODIシャツ06-07

deng_odishirtaa.jpg今月から、Cricshopで今シーズンのイングランドODIユニフォームの予約を受け付けていました。
襟が運動会を彷彿させますね。。。好みが分かれるところですが、私はニュージーランドユニフォーム一択なので、気にしません。

今回の目玉は、なんといってもオプションとして自分の名前と背番号が入れられる事でしょうか。
注文には10~14日、そして値段も10ポンド割り増しになるそうですが、イングランドファンならその価値は充分にあるのでは。
シャツ自体は28ポンド(名前入りは+10ポンド)ということで、裕福なチームなら人数分購入して、そのままチームユニフォームにしそうな予感がします。

更に今回はおまけとして、16ポンド相当の、"The Freddie Flintoff Story"DVDがタダでついてきます。
=売れなかった
と解釈してよろしいのでしょうか。。。

●ブラッドマン@500万円

barada.jpgクリケット界の永遠のヒーロー、Donald Bradmanのバットが、AUD58,000で落札されたそうです。このバットは彼が1と18を打ったもので、次の試合は代表落ちしたという、あまり縁起が良いとは言いがたい一品です。

オークションにはその他にも、Victor TrumperやW.G.Graceが所有していた物も出品されたとか。

クリケットメモラビリアは野球やサッカー等と比べると、とってもリーズナブルなので、資金に余裕のある人は、買い占めてしまっても良いのでは無いでしょうか?

●West Indies大勝利

sawv.JPG80年代に無敵の強さを誇りながらも、ここ10年低迷していたWest Indies。
来年のワールドカップのホスト国として強化に躍起になっています。

ところが、昨日まで行われていたインド(ODI世界ランキング3位)とのODIシリーズで、4勝1敗と勝ち越し、一躍来年のダークホースとして名乗りを挙げました。

今回好調だったのは、Lara二世としての呼び名も高いRamnaresh Sarwanで、5試合で270ラン、アベレージ97と、勝利に大きく貢献しました。
一方インドは、ホームコンディション以外での弱さを今回も見せ付けることになり、国内ではTendulkar復帰の声が高まっています。

これで来年の見所がまた増えました。

2006年05月27日

●用具レビュー:Millichamp and Hall Handmade cricket bat

90195893_125s.jpg英国を拠点にハンドメイドのクリケットバットを製造している職人集団:Millichamp and Hallの2006年モデルのバットをご紹介です。

 選手のプレイスタイルや打順などを考慮して、4種類のバットが用意されています。流線型をとりいれたデザインが優雅で美しいですね。

 M&Hバットのハンドルは全てOval。しっかり握れる、ハンドル自体が強固になる他、手への衝撃を緩和してくれる効果があるそうです。Ovalハンドルに不慣れな方は、要望を出すとRoundハンドルに変えてくれるそうです。

 下記のレディメイド・バット以外にも、オーダーメイドも受け付けているようです。彼らの英国の工房に出向いて(要アポイント)、Willowの選定からバランスまで細かく要求を出せるとか。No.1よりOnly.1を好む方は、ぜひ。

続きを読む "用具レビュー:Millichamp and Hall Handmade cricket bat"
2006年05月26日

●知らない

piesmi.jpgBBC Asiaのレポーターがバーミンガムで街頭インタビューを行っていたところ、背の高い男性が通りを歩いていたので、インタビューのため呼び止めたそうです。

”あなたのお仕事は何ですか?”

続きを読む "知らない"

●ジンバブエ輸入

ジンバブエクリケット協会が、自国のファーストクラスリーグにアジアから数チームを招待する予定があるとか。
現在、候補としてパキスタンやインドのクラブチーム、ならびにバングラディッシュAチームが挙がっています。

ジンバブエは既報の通り、いくつかのクラブチームを解散させたため、国内リーグの開催が危ぶまれていましたが、他国のクラブチームを呼ぶという力技で問題を解決したい模様。

その分のお金をジュニア選手育成に費やしたほうが良いとは思いますが、もうどんなニュースを聞いても驚かないことが悲しいです。。。

●世代交代

elbkal.JPGTendulkarの復帰がさらに遅れるそうです。

肩の怪我で長い間戦線を離脱していましたが、まだ練習メニューはこなせるものの、試合に出るぐらい回復はしていないとか。

一方南アフリカのJaques Kallisも肘の怪我で長期離脱を余儀なくされているとか。

Laraといい、上記2選手といい、世代交代の波は確実に訪れていますね。
はやくニュージーランドからもスター選手が出てきて欲しいものです。

2006年05月25日

●ジンバブエ孤立

パキスタンが今年に予定していた、ジンバブエとのODIシリーズをキャンセルしました。

当初の予定では、ODIとテストシリーズを行うはずだったのですが、ジンバブエのテストステータス停止後、ODIのみがスケジュールに入っていました。
しかし、今回PCBはジンバブエをホストしても、金銭的に見合わないと判断し、ワールドカップに向けて選手達に休養を与える意味も含め、キャンセルに至ったとか。

この調子で全てのテストステータス国からそっぽを向かれ続けたら、ICCとジンバブエはどうするのでしょうか。。。

2006年05月24日

●Askがクリケットサイト

logo_ask.gifイギリスの大手サイト、Ask.comがイングランドと提携して、クリケットサイトを立ち上げました。

サイトにはイングランドのスコアボードや、選手の動画、インタビュー、各種イングランドクリケットニュースを掲載していくそうです。

Askって聞いたことが無かったのですが、元Ask Jeevesと聞いてやっとわかりました。。。

2006年05月23日

●ジャマイカ代表発表

ウエストインディーズの女子大会に向け、ジャマイカ代表候補が発表され、2名が初選出されました。

Rashana OutarとAbbie-Gayle Hendricksはいずれも13歳で、両名共代表入り出来るだけの力を持っていると専らの評判です。
代表は今月末に発表されるとか。

女子ではティーンエイジャーの代表も珍しくありませんが、それにしても13歳は若いですね。

2006年05月22日

●アフロカップ第二弾

商業的には大失敗に終わった、アフリカとアジアの代表によって行われるワンデイシリーズ、Afro-Asianカップの第二回開催が決まったようです。

第二回は来年の7月、三回は翌年の6月にマレーシアで行われるとか。
これからワールドカップ終了までほとんどのテスト国が休み無しなので、丁度燃え尽きた選手達の試合が見れそうですね。
それはそれで楽しみです。

●クリケットシミュレーション

306thumb.jpgRockingham SoftwareからMarcus Trescothick’s Cricket CoachというPC用のシミュレーションゲームが発売されています。

Countyチームや国代表を率いて試合を行うゲームで、2500人以上のデータベースが売りだとか。
看板には、タイトルにもあるようにイングランド代表オープニングバッツマンの、Trescothickを採用。

お値段は9.99ポンドとリーズナブルですね。

●テレビ

イングランドクリケット協会が、ヨーロッパの視聴者に向けてネットテレビを立ち上げるそうです。

ECBTVはホームでのテストやODIシリーズ、インタビュー、特集などをストリーミングで放送する予定で、放送予定地域には日本も含まれています。

イングランドファンでは無いのであまり興味は無いですが、とても面白そうですね。
ストリーミング放送というと、Willow TVのようになるのでしょうか。
無事に立ち上がって欲しいものです。

2006年05月21日

●キャッチング動画

nicecath.jpg動画シリーズはなかなか好評のようなので、今回はナイスキャッチの動画リンクをご紹介します。

今回は3本だけですが、ネタが見つかり次第追加していきます。
読者の皆様からの情報もお待ちしておりまする。

続きを読む "キャッチング動画"

●アルミバット

comcom.jpg今回の動画紹介は、オーストラリアの偉大なファーストボーラー、Dennis Lilleeがその昔アルミバットを始めて使った時の模様です。

もちろん使い始めてすぐにアンパイアから、ボールを傷つけるという理由から使用をストップされています。
現在ではMCCのルールでも木製のバットの使用が義務づけられているので、これがテストレベルにおいて使われた最初で最後の木製以外のバットということですね。

それにしても、凄い打球音ですね。。。

2006年05月19日

●クリケットゲーム@マック

daddd.JPGアクセス解析によると、当ブログ読者の0.3%がマックユーザーらしいですが、そんなマイノリティーの方々に朗報が。

ここのサイトでマック専用のクリケットゲームが購入出来るそうです。

マックを買ってまで試してみようとは思わないですね。。。

●ポッドキャスト@クリックインフォ

auda.jpgクリケット発展途上国に住んでいるクリケッターにとっては、聖書のようなCricinfoですが、Podcastを始めたそうです。

記念すべき第一回は1971年のインドによるウエストインディーズ遠征の様子を伝えたものだそうです。家に帰ったら早速聞いてみなければ。。。

それにしても、Cricinfoは新しい試みを積極的に行いますね。

2006年05月18日

●Langerとヘルメット

kiish.jpgオーストラリア代表のJustin LangerがヘルメットメーカーのAlbionと話し合ったそうです。

Langerは南アフリカ戦で、ヘルメットを着用していたのにも関わらず、頭蓋骨にヒビが入り、長い間意識を失ってしまいました。
これにより、医者からはクロースキャッチングでの守備を止められています。

Langerはこれまでも10回程度頭にボールを当てられているそうです。
ここ10年で一番進歩が目覚しかったのはバットとヘルメットですが、代表レベルで使うにはまだまだ改良の余地がありますね。
とはいえ、ヘルメットのおかげで、昔に比べると随分と不恰好なプルやフックが増えたのは事実ですが。。。

●男子対女子

ondr.jpg5月31日にイギリスのクリケットクラブ、Hoddesdon主催のチャリティーマッチが行われる予定で、Hoddesdonの男子チームとイングランド女子チームが試合をするとか。

これまで、Hoddesdonのチャリティーマッチでは伝統的に男子チーム同士の試合が行われていましたが、今回はクラブ内でも女子会員の比率が増えてきたため、企画したそうです。

昔から女子代表は草クリケットの2部リーグと同じぐらいのレベルと言われて来ましたが、今回のチャリティーマッチである程度は比較できそうですね。

2006年05月17日

●ウォルコット

ths.jpg先週発表された、サッカーのイングランド代表に、17歳のTheo Walcottが選出されたことが話題になっていましたが、それについて共同通信からこんな報道がありました。

"またウォルコットが14歳の時に100メートル走で11秒52を記録した俊足で、ナイトの爵位を与えられたクリケットの名選手、クライド氏を大おじに持つことを紹介した。"

これについてClyde Walcott本人からコメントが。。。

続きを読む "ウォルコット"

●Warne違反

wanha.jpgShane Warneが出演している育毛処置のCMにNGが出ました。
何でも、イギリスでは薬品の宣伝に有名人を使ってはいけないらしく、今回のお達しとなったとか。

それに対しAdvanced Hair Studioは、”Warneは特定の製品では無く、われわれの宣伝をしているので、違反では無い”とコメント。

まだまだ一悶着ありそうですね。

2006年05月16日

●カナダとテストステータス

canad.jpgカナダクリケット協会が、8~10年の間にテストステータス取得を目指すと発表しました。
現在カナダではウエストインディーズやアジアからの移民の影響で、クリケットが流行ってきているとか。
テストステータス取得に向けて、最優先事項は財源の確保と、それに伴うトップレベルのプロ化だそうです。

世界最古の国際試合はアメリカとカナダによって行われたので、200年振りにカナダが世界クリケットシーンのスポットライトに返り咲けるか見ものですね。

2006年05月15日

●KCL 学生選抜戦

雨のためドロー

続きを読む "KCL 学生選抜戦"

●Vaughan延期

vaaja.jpg現在膝の怪我で戦列を離れているMichael Vaughanの復帰が遅れるそうです。

当初の予定では、今週から国内リーグに出場し、スリランカとのテストシリーズ中に復帰する予定だったのが、膝の回復が思わしくなくシリーズ全てを欠場する可能性が高くなったとか。

バッツマンと膝の怪我は切っても切り離せないですが、イングランドにとってはAshes前にFlintoffがキャプテンシーの経験を積む良い機会かもしれません。

それにしても、昔からスタイリッシュなバッツマンは本当に膝の怪我が多いですね。

2006年05月12日

●Flintoffまた歌う

eggg.jpgチャリティーコンサート中、Andrew Flintoffを観客席で見つけたSir Elton Johnがデュエットに招待したそうです。
Flintoffは喜んでステージに上がったものの、見事に音を外して場をしらけさせてしまったとか。
”昔からEltonの大ファンだったから、オファーを断れるわけ無いよ!”
と本人はコメント。

どうやら彼が受けたボイストレーニングは効果が無かったようです。

●テストピッチ

pitcha.jpgICCがテストピッチの通信簿を付けるそうです。

評価項目は:

シーム(横方向の変化)
バウンド(縦方向の変化)
ターン(スピンボールの変化量)

の3つです。

続きを読む "テストピッチ"
2006年05月11日

●新スケジュール

ICCから6年周期の新スケジュールが発表されました。

これは従来の5年周期プログラムに代わるもので、6年の期間中に全てのテストメンバーがホーム&アウェイシリーズを行えるようスケジューリングしたそうです。

突っ込みどころはかなりありますが、チームの多さを考えると頑張ったほうではないでしょうか。
いまだにバングラディッシュがインド遠征出来ないのが可哀想です。

予想通り、一番ODI数が多いのがインドの173~203試合、テストはイングランドの76試合となっています。

●Warne先生

warnestu.jpg当ブログでお馴染みのShane Warneが本当に先生になってしまいました。
彼は現在イングランドクリケット協会の要請により、ジュニア選手にレッグスピンを教えているそうです。
このプログラムによって、スピナー人口を増やすことが協会の目的だとか。

とりあえず教えるのはクリケットのみにして欲しいですね。。。

●アフガニスタンドリーム

MCCがアフガニスタンに遠征した際、試合で活躍したアフガニスタンの2選手が、MCCとしてヨーロッパ選抜戦のメンバーに選ばれたそうです。

選ばれたのは、MCC戦で116ノットアウトを打ったMohammed Nabiと、ファーストボーラーのHamid Hassanで、MCCヨーロッパ遠征に帯同する模様。

次回のMCC日本遠征で、同じことが起こるといいですねぇ。

2006年05月10日

●ルーキーアンパイア

バミューダのRoger Dillがアソシエート、アフィリエート国出身のアンパイアとして初めてODIキャップを得ることになりました。

彼はこれまでも、U19ワールドカップや各種アソシエート大会で好評価を受けており、新ODIステータスを取得した国が増えたことによって増加したODIを主にアンパイアしていく予定だとか。

OTさん、”アソシエート国史上初のアンパイア”の称号を取られちゃいましたね!!

●豊作

sriceleb.jpgスリランカクリケット協会の昨年度利益は3300万ドルだったそうです。

その前年は同程度の損失だったことを考えると、協会もほっと一息といったところでしょうか。
主な収入はやはりテレビの放映権で、収入9000万ドルの約8割を占めるとか。

スリランカは津波の影響で多大な損害を被っているため、この調子でガンガン稼いで欲しいですね。

●2006年の新ルール

refe.jpgここのところ活発な動きを見せているICCのクリケットコミッティーですが、今回ドバイで行われたミーティングで、サードアンパイアへのアピール権を認めることを決議しました。

これは、試合中にフィールディングキャプテン、またはバッティング中のバッツマンのいずれかが、アンパイアの判定に疑問を感じた際、3回までアピールすることを認めるというもので、アピールが成功した場合、また3回のアピール権が与えられるそうです。

続きを読む "2006年の新ルール"
2006年05月09日

●ADORE Cricket 合宿 ~5月5日(金)~

060503毎年恒例のADORE Cricket合宿を5月3日(水)から5日(金)に行いました。今回は3日目、5月5日(金)編です。

続きを読む "ADORE Cricket 合宿 ~5月5日(金)~"

●Flintoffまた勝利

flinkact.JPGイングランドの2006年度クリケッターオブザイヤーの発表があり、男子はAndrew Flintoff、女子はKatherine Bruntがそれぞれ受賞しました。

両者共ボーリングオールラウンダーで、Ashes奪回に大きく貢献したのが評価されたようです。
Bruntはまだ20歳のため、これからイングランドを引っ張っていくことでしょう。

●BBCブログ

bbcspo.gif

イギリスの国営放送局、BBCのブログが最近お勧めです。
豊富な情報量、毎日更新、ユーザーフレンドリーと、これまで見た”公式”ブログの中では1,2を争う面白さ。
スポーツに限らず、放送に興味がある人も是非どうぞ。

●ジンバブエからの声

speedyy.jpgジンバブエ全ての選手やクラブ代表の連名で、ICCのCEOであるMalcom Speedの辞任を要求する公開質問状が関係者各位に送られました。

文中では現在Peter ChingokaとOzias Bvuteによって運営されているジンバブエクリケット協会をICCは正式な統括組織として認識すべきでは無いとし、ここ数年間ジンバブエにおいてクリケット存続の危機に対し、ICCは何もアクションを取ろうとしなかった事を理由にCEOの辞任を求めています。

続きを読む "ジンバブエからの声"
2006年05月08日

●ADORE Cricket 合宿 ~5月4日(木)~

060503毎年恒例のADORE Cricket合宿を5月3日(水)から5日(金)に行いました。今回は二日目、5月4日(木)編です。

続きを読む "ADORE Cricket 合宿 ~5月4日(木)~"

●新切手

MCCstamps.JPGMCCの切手シリーズがBletchleyから5月11日に発売されるそうです。左の写真は5種類あるシリーズの1番目らしく、全セット購入者は割引があるとか。

リンクの通り500枚しか発行されないそうなので、クリケット切手収集家の方はお早めにどうぞ。
お値段は10ポンドです。

●Tendulkarまた億万長者

tenafro.jpgインドのSachin TendulkarがSaatchiと3年のマーケティング契約を結んだそうです。

この契約は推定4000万USDと伝えられており、クリケット選手としては最大規模だとか。

彼はここの所、怪我やスランプに悩まされていますが、クリケット界においてまだトップクラスの商品価値を持っているということが、これで証明されましたね。

かなりリスキーな気もしますが。。。

●ゴールデンウィーク終了

ゴールデンウィーク中は記事の投稿も少なく、ご迷惑をおかけしました。
ここ最近更新量が減ってきていますが、5月はニュース強化月間として、身を削りつつ頑張っていこうと思います。

エントリー数もいつの間にやら1000を突破したらしく、この調子で2000、3000を目指していくので、これからも宜しくお願いします。
アドレのホームページだからといって、コメントも遠慮せず、ガンガン付けてやってくださいませ。

PS.現在JCAと連動した企画も進行中ですので乞うご期待!

2006年05月06日

●ADORE Cricket 合宿 ~5月3日(水)~

060503毎年恒例のADORE Cricket合宿を5月3日(水)から5日(金)に行いました。場所は、クリケッターには恒例の富士。総勢19名の参加となりました。

続きを読む "ADORE Cricket 合宿 ~5月3日(水)~"
2006年05月01日

●ADORE KCLアフター ラーメン編(vsMAX戦後)

ADOREではKCLの後はいつも有志で
「ゆらぎの里でゆったり」→「ラーメンを食べる」→帰宅
という流れで、試合の疲れを癒しています^^

東名の帰りに渋滞する場合が多いですが、ゆっくりして帰ると解消されつつあるので早く帰った場合と余り変わらないことが多かったりします^^;;

とゆー訳で、MAX戦の後は最近アドレではよくいくラーメン屋「ばんからラーメン」に行ってきました。

続きを読む "ADORE KCLアフター ラーメン編(vsMAX戦後)"

●KCL MAX戦

2006年4月29日(土)@富士第二

MAX won by 55runs.
MAX : 174 runs for 7 wickets. (40overs)
ADORE : 119 runs for 7 wickets. (40overs)


ADORE Pointer : でん&やま

続きを読む "KCL MAX戦"