« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月30日

●ウエストインディーズ大変

スーパー8の最初2試合が中1日で組まれていながら、第一試合のオーストラリア戦が雨天延期となり、3日連続のクリケットを強いられたウエストインディーズですが、案の定ニュージーランドに負けました。

途中Gayle(44)とLara(37)が頑張るものの、彼らをサポートできるバッツマンがおらず、177でオールアウト。10オーバーと7ウィケットを残して逆転されてしまいます。

ウエストインディーズはスーパー8に2ポイントを持ち越しているものの、アイルランドあいてに稼いだポイントなので、ノルマの残り3勝に届くのでしょうか。

2007年03月29日

●Wisden Top40

wis2007d.JPG大して活躍してないのに、引退したことによってShane Warneを表紙に採用したWisden Cricket Almanack 2007ですが、いくつかオンラインで読める記事の中にWorld Top40 Cricketerなるものが掲載されていました。
2006年度に活躍した選手のプロフィールと成績があるので、スーパー8の予習として最適かもしれません。

●Malinga 4ウィケット

malbwonc.jpg今日のスーパー8は:

ウエストインディーズvsオーストラリア(103ラン)
スリランカvs南アフリカ(1ウィケット)

でした。

ランキング上位2チームが勝利ということで、順当な結果に終わりました。
しかし、南アフリカはターゲット210をチェース中、205-5まで順調に進み、勝利間違いなしと思われましたが、Malingaの4球4ウィケットをくらい最終的に1ウィケット差の勝利。
全世界の南アフリカファンは過去ワールドカップの悪夢が蘇っていたことでしょう。

2007年03月28日

●スーパー8開始

波乱続きの第一予選も終了し、いよいよスーパー8が始まりました。

初戦はオーストラリア対ウエストインディーズはオーストラリアが322-6を打った時点で雨天中断。
オープニングのHaydenが158(143b)を打つという活躍で、これまで全試合で300ラン以上という大フィーバーっぷり。
オーストラリアとしてはGilchristとHusseyの不調が心配されます。

さすがスーパー8だけあって、これからは好試合が目白押しです。
とはいえ、2/8はバングラデッシュとアイルランドのため、セミファイナル出場はそう難しくないでしょう。
珍しく雨が多いため、アイルランド・バングラデッシュ戦が中止になったチームがババを引きそうです。

2007年03月26日

●個人ランキング更新07WC編

ワールドカップ期間中ということもあり、ICCODIランキングも激しく変動がありました。

バッツマン部門ではKevin PietersenがPontingを押しのけて初の1位に。
ボーラー部門は、Shane Bondが一気に2位まで上昇。その他はバングラデッシュボーラー陣が軒並み躍進(Razaq 11, Mortaza 12, Rafiq 15)。

そしてチームランキングではオーストラリアが1位の南アフリカに同ポイントと肉薄しています。

ランキングは以下の通り:

続きを読む "個人ランキング更新07WC編"

●おなじみニュージーランド

vincbasen.jpg一時期、レゴで骨格が出来ているのではないかと噂されたニュージーランド代表ですが、今ワールドカップでもその実力を遺憾なく発揮しています。

まずファーストボーラーのGillespieがウイルス感染。
同じくボーラーのTuffyが上腕二頭筋断裂で帰国。
若手バッツマンのTaylorはハムストリングの怪我でウエストインディーズ戦を欠場することになり、
今回、オープナーのVincentが練習中にBondの球をくらい、手首を骨折しました。

いつも最初に怪我をして脱落するBondは、自分が帰国する前に道連れだとばかりにVincentやMcMillan(ヨーカーで爪先破壊)をいじめているようです。

●Youtubeダメ

ICCが動画投稿サイトのYouTubeに、ワールドカップの動画を削除するよう要請したそうです。
理由は著作権云々、放送権云々でした。

YouTubeの画質が悪い動画を見れたから、テレビを見なくていいやという人はあまりいないはず。
クリケットがテレビで見れない層にとっては非常に助かっているので、見逃して欲しいのですが、立場上なんらかのアクションを取らざるを得ないのでしょうね。

●予選終了

昨日で予選全日程を終了しました:

インドvsスリランカ(69ラン)
アイルランドvsウエストインディーズ(8ウィケット)
オーストラリアvs南アフリカ(83ラン)
イングランドvsケニア(7ウィケット)
バミューダvsバングラデッシュ(7ウィケット、D/L)

ということで、スーパー8進出チームは:

アイルランド
イングランド
ウエストインディーズ
オーストラリア
スリランカ
ニュージーランド
バングラデッシュ
南アフリカ

となりました(太字1位通過&2ポイント)。
エジプトあたりが予選通過していれば、アイウエオ順に並んだのに、、、

2007年03月23日

●Woolmer他殺?

ジャマイカのローカル紙が、Bob Woolmerの死因について報道しました。
警察関係者によると、Woolmerは絞殺された可能性が高く、他殺の線で捜査中だとか。
既にパキスタン代表を含む関係者全員の調書と指紋は採取されており、今朝パキスタンに帰国しました。

絞殺云々は新聞記者の妄想の可能性が高いですが、解剖でも明確な結論は出ておらず、各種証拠と併せて捜査を続けるとのことでした。

ワールドカップでは毎回のようにこのようなスキャンダルが起きますが、これならWarneのドーピングの言い訳を聞いていた方が100倍ましですね。

続報:Bob Woolmerが絞殺され、現在犯人を捜査中とジャマイカ当局から公式発表がありました。
Woolmerはイギリス人のため、既にスコットランドヤードからも応援が到着。当日の出来事を徹底的に洗い出しており、現地ではワールドカップ中止の声もあがっているとか。

検死では、少量の血液と嘔吐物を発見。絞殺でほぼ間違いないと推測されるが、本人が抵抗した様子はあまり無かったとのこと。

続報が待たれます。

●そろそろ予選終了

vinnedi.jpg昨日の結果は:

カナダvsニュージーランド(114ラン)
オランダvsスコットランド(8ウィケット)

でした。
今夜はいよいよインドvsスリランカ。
インドにとってスーパー8進出がかかった大事な試合です。

INSIDE ADORE的展開だと、スリランカが負けて、NRR差でインドがスーパー8進出。
その後なぜかインドのスリランカ遠征が追加で発表される、ですね。

2007年03月22日

●Yahoo動画にまたクリケット

yahocooene.jpgワールドカップ&Ashesイヤーということもあって、Yahoo動画のスポーツニュースでもちょくちょくクリケットニュースが見れるようになりましたが、今回は先週亡くなったBob Woolmerの死因について紹介がありました。
まさかとは思いますが。。。

配信は今月28日までなのでお早めに。

●3/21-22の結果

inbyayjd.jpg今回も順当な結果でした:

ケニアvsニュージーランド(148ラン)
スコットランドvs南アフリカ(7ウィケット)
スリランカvsバングラデッシュ(198ラン、D/L)
ジンバブエvsパキスタン(93ラン、D/L)

これによって、ニュージーランド、南アフリカ、スリランカの3チームが新たにスーパー8進出を決めました。
今回も波乱を期待させてくれたバングラデッシュはJayasuriyaにぼこぼこにされ、スーパー8進出はインドvsスリランカ戦の結果待ちとなりました。
スリランカは既にスーパー8進出を決めているものの、インド戦で負けると次ステージに2ポイントを持ち越せないため、おそらく本気で挑んでくることでしょう。

ちなみにInzyの最後のイニングは、35球37ラン。
ランアウトではありませんでした。

2007年03月20日

●順当

昨日のWCは番狂わせなしでした:

インドvsバミューダ(257ラン)
ウエストインディーズvsジンバブエ(6ウィケット)

インドはSehwagの81球センチュリーもあり、ワールドカップ初の400ラン越え。
257ラン差の勝利も、ODI史上最大の得点差でした。

そしてウエストインディーズも開幕から2連勝でスーパー8進出決定し、開催国の義務を果たしました。

アイルランドがスーパー8進出をほぼ確実のものにした今となっては、ケニアとバングラデッシュに注目が集まります。
世界クリケット初心者には24日のオーストラリアvs南アフリカがおススメ。

2007年03月19日

●パキスタンいろいろ

woomerincn.jpg週末アイルランドに負け、早々と予選落ちを決めてしまったパキスタンですが、翌日代表コーチのBob Woolmerがホテルの自室で意識を失っているところを発見され、病院に運ばれたものの、数時間後亡くなりました。
現在ジャマイカで死因を調査しているそうです。

それを受け、キャプテンのInzamamもODIからの引退を発表。ここ最近スキャンダルが目立っていましたが、最後の最後で物凄いドラマを見せてくれました。

1億5千万人の期待を受けて頑張ってきたWoomerは、WC後の代表コーチ引退が既に決まっており、ここを乗り切れば静かに余生を過ごせたのですが、、、御冥福をお祈りします。

●Flintoff救助

foncnnss.jpgニュージーランド戦で負け、予選の残りを一試合も落とせないイングランド。
にも関わらず先日のカナダ戦に大黒柱のFlintoffが出場していませんでした。

イギリスタブロイド紙によると、イングランド代表の数人がニュージーランド戦後飲みに出かけ、チーム内規に違反したからだとか。
そして、現地特派員の証言では、早朝4時にFlintoffがボートを漕ぎ出し、転覆。
地元警備員にレスキューされるという出来事があったそうです。

危なく週末に2人も亡くなるところでしたね。。。

●週末の試合結果

WCCUPCU.jpg金曜~日曜にかけてのWC試合結果です:

3/16
イングランドvsニュージーランド(6 Wickets)
南アフリカvsオランダ(221 Runs)

3/17
インドvsバングラデッシュ(5 Wickets)
アイルランドvsパキスタン(3 Wickets)

3/18
オーストラリアvsオランダ(229 Runs)
イングランドvsカナダ(51 Runs)

ということでイベント満載の週末でした。
特にアイルランドとバングラデッシュがそれぞれ番狂わせを起こし、大会を盛り上げています。
アイルランドはジンバブエ戦を引き分けた翌日、初めてクリケットが全国紙の1面を飾ったらしいので、StPatrick Dayと併せて、記憶に残る一日になったことでしょう。

●666666

gibessix.jpg金曜にこんな事を書いたら、早速達成してしまいました。

実現するとすれば南アフリカかスリランカと思っていましたが。。。
被弾したオランダのボーラー、Dan van Bungeは後数百年記録から消え去ることはないでしょう。

2007年03月16日

●6シックス=100万ドル

jonycburl.jpgINSIDE ADOREも大好きJohnny Walkerが、ワールドカップ期間中にシックスを1オーバー6本打つことが出来たら、慈善団体に100万ドルを寄付すると発表しました。

テストやODIでは未だに1オーバー6本は無いものの、ファーストクラスではウエストインディーズのGary Sobersが達成したこともあり、比較的小さなグラウンドでの記録達成に期待がかかっています。

どうせ税金対策でかなりの額を毎年寄付しているはずなので、達成したチームにウイスキー100万ドル分プレゼントしたほうが良い気もします。

●引き分け!

zinria.JPGWC3日目はスリランカが241ラン差でバミューダに勝利。
もう一つのアイルランド対ジンバブエは、ワールドカップ史上3試合目のタイでした。

221ランを追いかけるジンバブエ、43オーバーの時点で203-5と勝利は間違いないと思われていましたが、ランアウトやタイトなボーリングのおかげで、ラスト1オーバー、残り1ウィケット、9ランという状況に。
そして最後の1球を空振りし、あえなくランアウト。
これで両チーム共予選突破は難しくなりましたが、その他のアソシエート国がボコボコになりながらも、素晴らしい試合を見せたことは非常に価値がありました。

ちなみに、前回のタイはもちろんこの試合です。

2007年03月15日

●ドナドナ

urarexc.jpgインド人男性がワールドカップを観戦するために腎臓を売ろうとしています。
彼によると
”腎臓は1つになっても生きていけますが、インドが西インド諸島のW杯で優勝するのを見る機会は二度とないでしょう”
だそうで、もし見る事が出来なければ、自ら命を絶つらしいです。

もちろんインドは自分の臓器を売買する事を禁じており、警察に思いっきりマークされているそうです。
もし腎臓を売ることが出来れば、彼は約24万円を手に入れることが出来るとか。

24万。。。ということは、20万でテレビでも買うつもりなんでしょうか。
あと2,3回ワールドカップを迎えたら文字通り骨と皮だけになってそうです。

●07WC2日目

ワールドカップ2日目は(勝者太字):

オーストラリアvsスコットランド
カナダvsケニア

でした。
オーストラリアは203ラン差、ケニアは7ウィケット差と両試合ともワンサイドゲームだったようです。

2007年03月14日

●WC07開幕戦

sarycnwac.jpg開幕戦は珍しく開催国が勝ちました。

前半を241-9で折り返したウエストインディーズは、ミディアムボーラー陣が頑張り、パキスタンを187でオールアウト。Sabina Parkはシーマー有利という評判通りの展開で、まるで10年前のODIを見ているようでした。
大会前の練習ではGayleなどのスピナー陣が投げ込んでいたのですが、どうやらスーパー8以降の試合を見越したものらしいです。

久しぶりに開催国が勝ったので、このまま盛り上がってくれれば良いのですが。

●CricInfo3D

070315-01.jpgついにワールドカップ2007が開催されました。動画を見て楽しみたい人も多いかと思いますが、willow.tvでは放送されず、どこでみれるのやら・・・という状態です。

無料でワールドカップの様子を味わいたいというあなたにお勧めのコンテンツを紹介します。その名もCricInfo3D。クリケットの総合情報サイトとして、超有名なCricInfoがお送りする3Dアニメーションクリケットです。プレーステーションのゲームを彷彿とさせるその画面、英語を読むのが苦手でLiveScoreでは・・・と思っていた人にもお勧めです。

ワールドカップは2ヶ月に渡る長丁場。そのうち日本でも安定して動画を見る方法がわかってくるとは思いますが、まずは雰囲気だけでも。ってひとにお勧めです!

2007年03月13日

●Google登場

goocricket07.gif昨日開幕したワールドカップですが、Googleのロゴも変わっていました。
これは何のショットなのでしょうか。

●Tendulkarバット

tendulBAS.gifプロ選手の使用モデルとスポンサーは異なる場合が多々あるという事は今となっては周知の事実ですが、インド代表のSachin Tendulkar使用モデルの証拠写真を発見しました:

http://content-usa.cricinfo.com/india/content/image/278805.html

ステッカーはMRFなのですが、横の部分を良く見ると、インドのバットメーカーBASのロゴが。
TendulkarはPontingと並んでクリケット界一バットにうるさい事で有名で、各国を遠征する度に現地のバット職人にオーダーメードのバットを作ってもらったり、出来上がったバットをジュニア選手にネッツでブロックだけさせてノックインしたりと、こだわりを見せてきただけに、BASにとっては名誉あることですね。

さすがにタイヤメーカーではTendulkarのバットは作れない。。。。

2007年03月12日

●クリケットワールドカップ2007開幕

gecnnaiWC.jpgとうとう2007年ワールドカップが開幕しました。

開会式(@ジャマイカ)は流石レゲエの国なだけあり、音楽とダンスが素晴らしいものだったとか。
大規模なスポーツイベントの傾向として、様々なギミックが開会式に盛り込まれる事が多くなりましたが、やはり質の高いパフォーミングアートに勝るものはありませんね。

初戦は明日の夜11時半(日本時間)からウエストインディーズとパキスタンによって争われます。

●Hawk Cricket新製品

BuchananTHgurar.jpg久しぶりに用具情報です。

テスト・ファーストクラスプレーヤーに圧倒的なシェアを誇るHawk Cricketのサイガードですが、ベストセラーのRemfryモデルに変わって発売されたBuchananモデルを紹介します。

Buchananは防弾や防刃チョッキメーカーとして知られており、今回提携して作られたBuchananモデルは厚さ10ミリ、重さ350グラムと軽量化されているにも関わらず、研究室のテストによると前モデルと比べて250%以上プロテクションが向上したとか。

続きを読む "Hawk Cricket新製品"

●Brian Lara 2007体験版

BLdemob.jpgINSIDE ADORE読者にはお馴染みの4gamers.netで、Brian Lara International Cricket 2007体験版の紹介がありました。

クリケットの紹介で:

"実は,全世界の競技人口が,球技としてはサッカーやバスケットボールに次いで多いともいわれるメジャースポーツなのだ。"

という記述が。。。
これからは競技人口3位という紹介文が使われるのでしょうか。

体験版はイングランド対オーストラリアらしいので、私はやりません。

●WCライブリンク

ワールドカップ07が生で観戦出来る(という触れ込みの)サイトのリンク集を発見しました。
ローカルラジオ局を始め、ネットTV、ライブストリーミング、有料、無料と色々あるようです。

基本的に無料のストリーミングは混み合って見れたものではないですが、有料のものでもおそらく大差無いと思われます。

やはり最後の手段はCricinfoのライブテキストでしょう。

2007年03月09日

●ドーピングテスト増量中

akmastuc.jpg現在ワールドカップに向けての練習試合が盛んに行われていますが、ICCによると通常の抜き打ちテストとは別に、特定の選手達を対象としたドーピングテストが実施されているそうです。

今後同じ形式でテストがあるかは未定だとか。

採取されたサンプルはそのままジャマイカのラボに送られ、検証されます。
元々陸上競技のレベルが高いため、ラボのレベルは非常に高いとの事。

ICCも流石に前回と同じ轍は踏みたくなさそうです。
ドーピングテストを失敗した選手の言い訳は面白いものが多いので、一人ぐらいは見てみたい気もします。

●年の功

Cricinfoでワールドカップ出場選手の平均年齢、トータルキャップ等のリストが紹介されていました。

それによると一番平均年齢が高かったのがカナダの31.374。
逆に一番若いチームはジンバブエの22.778でした。
ちなみに全チーム通しての最高齢は40歳と303日、最低は17歳と176日という結果に。

順位は概ね納得ですが、南アフリカの平均年齢が30歳を越えて3位にランクインしていたのは驚きました。Ntiniとかデビュー当時から全くルックスが変わっていないように見えます(Kallisの頭は別格)。

ナショナルチームでもこんなに長くプレーできるということは、草クリケットなら+20歳ぐらいまで行けそうですね。。。

2007年03月07日

●ワールドカップてれび

2ndbar_01.gifクリケットが観戦出来るネットテレビといえば、WillowTVが老舗ですが、07WCは日本居住者が対象外となっているらしく、途方に暮れている人が多いと聞きました。

が、そんな人たちに朗報が。
ワールドオンデマンドというネットテレビ局が07WCを配信するらしく、加入者を募っています。

お値段は加入者購入必須のセットトップボックス(STB)が30000円。
ワールドカップパックが26000円だそうです。

ワールドカップパックは3ヶ月間有効で、試合放送後も過去の試合のハイライトなどをオンデマンドで見れるとか。その他にも期間中はMTVパキスタンやインダスビジョン等の魅力的な19チャンネルを見る事が出来ます。

スカパーのアンテナとチューナーと全チャンネルを契約したぐらいの料金でMTVパキスタンが見れるなんて、実にお買い得ですね。
衛星ではなく、電話線経由のSTBで配信することにも一抹の不安を覚えますが、インドの技術は世界一なので、問題ありません。

●NZ負け

ワールドカップ前哨戦2日目、ニュージーランドがバングラディッシュに2ウィケット差で負ける波乱がありました。
残念なことにWC前の練習試合はODIと見なされず、対ニュージーランドODI初勝利とはなりませんでしたが、予選突破に向けて前向きなニュースとなったことは間違いありません。

その他の試合は(太字勝者):

カナダvsパキスタン
オーストラリアvsジンバブエ
インドvsオランダ

となっています。

2007年03月06日

●Donald最強

aldon.jpg
元南アフリカ代表ファーストボーラーのAlan Donaldが南アフリカの大舞台での弱さを指摘しています。

99年WCを例に挙げ、南アフリカは大事な試合で負けてしまう癖があり、そこがオーストラリアとの一番の差とコメント。

お前が言うなよ、と皆が突っ込んでいることでしょう。

●キューバTwenty20参加

キューバが今年のStanford20/20に招待されたそうです。

キューバでは20世紀初頭より細々とクリケットが続けられており、他のカリブ海諸島からの移民によって伝統が守られているとか。
既報の通り現在キューバでは野球からクリケットへの鞍替えを考えているため、大会に招待されることはクリケット発展に少なからず貢献することでしょう。

とりあえずカストロ政権が終わるまでは完全に移行しないとは思いますが。。。

●ワールドカップ開始

ワールドカップを1週間後に控え、現地入りしている各チームが練習試合を始めました。

今日(日本時間22:30開始)行われたのは:
スリランカvsスコットランド(159ラン差)
南アフリカvsアイルランド(35ラン差)
イングランドvsバミューダ(241ラン差)
ケニアvsウエストインディーズ(21ラン差)
の4試合。(勝者太字)

順当にテストチームが勝利していますが、いくつか危ない場面もあった模様。
特にアイルランドは南アフリカを91-8まで追い詰めるなど、大健闘。
今大会も一試合ぐらいは番狂わせがありそうです。

2007年03月05日

●ダブルスピン

susmugh.jpg少し前の話になりますが、元パキスタン代表オフスピナーのSaqlain MushtaqがSussexと契約しました。

彼は既にイギリス人女性と結婚しており、イギリスパスポートも取得しているため、Sussexがその気なら助っ人選手をもう一人連れてくることも出来るそうです。

Sussexには既にパキスタン人オフスピナー、Mushtaq Ahmedがおり、来シーズンのSussex 2ndイニングスは大変なことになりそう。

ちなみにSaqlainの成績は:

ODI世界最速100ウィケット記録保持者
Test Ave 29.83 Econ 2.64
ODI Ave 21.78 Econ 4.29
ファーストクラス Ave 23.25 Econ 2.60
List A Ave 23.35 Econ 4.18

と化け物じみており、30歳の年齢を考慮すると後10年現役&イングランド代表入り(2008年から可)も充分ありえます。
筆者がMontyだったらとりあえず闇討ちですね。

●アメリカそろそろ終了

ICCからの要求事項を期日まで満たせなかったため、アメリカクリケット協会の権利が剥奪されました。

アメリカはここ数年協会の内部腐敗が問題になっており、ICCの度重なる改善要求に応えられなかったため、今回の処置に至ったようです。
これにより、アメリカはWCL3部から自動的に降格となり、WCL4部または5部からのスタートとなると見られています。

アメリカは以前からこのような問題があったのであまり驚きませんが、WCL3部のチームにとっては棚ボタですね。

2007年03月03日

●Puma Ballistic 5000 Batting Pads

240002746_162s.jpg10月になり、Slazも2007年モデルをリリースしてきましたが、まずはPumaの最新モデルから。

Ausのショップでも、Pumaの最新プロテクターを購入できるようになりました。その中から、従来型のPadsの面影を残しながらも斬新なデザインが目をひくBallistic 5000 Batting Padsに注目です。

続きを読む "Puma Ballistic 5000 Batting Pads"
2007年03月02日

●WC壁紙

aktdajjcwaaa.jpgクリックインフォのワールドカップ特設サイトで壁紙がダウンロードできるようです

あまりワールドカップとの関連性は見出せませんが、クリケットの壁紙はあまり多くないので、会社のデスクトップに貼り付けて、同僚を困らせてみてはいかがでしょうか?



●ドーピングアウト

dopers.jpgナンドロロンを使用したにも関わらず、”知らなかった”という理由で出場停止を免れていたAkhtarとAsifの2人がパキスタン代表から外れました。

協会からの公式発表では、両選手の怪我の状態が思わしくないからという事です。
これはおそらくナンドロロンが無いと、怪我の回復がワールドカップまで間に合わないのでしょう。
彼らはワールドカップ前のドーピングテストも回避しており、クロの雰囲気を漂わせています。

コーチのBob Woolmerは、2人がいなくても充分ワールドカップを勝てるだろうとコメントしていますが、おそらく正しいですね。代わりにSamiとArafatがウエストインディーズに行くことになりました。

知らなかったで無罪になったり、ドーピングテストを受けなかったり、もはや腐りきっていてコメント不能なのですが。。。昔からパキスタン代表のイメージは最悪なので、これ以上のイメージダウンは無いのが唯一の救いでしょう。
とにかくこれでパキスタン戦を普通に観戦することが出来ます。