« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月28日

●選手逃亡開始

パキスタン代表のMohammad YousufがICLとの契約を解除したと発表しました。

Yousufはパキスタン協会チェアマンと話し合いした結果、今シーズンをパキスタン代表としてプレーすることを決定。ICLとの契約条項に国際試合の予定と日程が被った場合、ICLを優先しなければいけないことを知らなかったことが原因だとか。

ICLはYousufの一方的な契約破棄に対し、法的措置を視野に入れた対応をしていくそうです。
やはり表面上の理由はいろいろあるものの、皆ICLの適当な運営に気付き始めているのがわかります。

これで現役の選手はImran Farhatぐらいしかいなくなりました。。。

●男子代表メンバー発表

JCA男子日本代表、および、デベロップメントメンバーが発表されました。

アドレからは、男子代表として、しゅんが、デベロップメントとして、ゆうたとはやぴーが選ばれました。おめでとうございます!今後は以下のようなトレーニングを受けることができるそうです。

-インドア/ネッツ練習施設などでの定期的な練習会
-50オーバー制の練習試合
-選手個人に合わせた練習メニュー設定
-オンラインでのコーチングフィードバック
-ビデオ撮影トレーニング
-トレーナーによる筋肉トレーニング指導・食事指導
-オフシーズンの過ごし方の指導
-アンパイアからのルール指導

代表レベルのコーチングは得るものも多いと思うので、いろんなことを身につけてきて、チームに還元してくださいね。ほんとにおめでとう!

続きを読む "男子代表メンバー発表"
2007年09月26日

●インド優勝

ODIWCTORN.jpg
インドがパキスタンとの決勝戦を5ラン差で制して第一回20/20ワールドカップを優勝しました。

長い間大きな大会での優勝から遠ざかっていたインドの国民は大喜びで、これが国内での20/20人気爆発に繋がりそうな雰囲気が漂っています。

大会終了後早速Stanfordが500万ドルの賞金をかけてインドへ試合のオファーを出したり、Smithが南アフリカ不振をナイトクラブのせいにしたり、Speedが20/20を年間7試合に制限すると発言するなど、例のごとく後日談が沢山ありますが、それも今大会がどれだけ盛り上がったかを語っています。

このフォーマットは、わかりやすいし、バウンダリーとウィケットでしか盛り上がれない人に最適なので、将来的には20/20が主流になっていくのでしょうが、、まあODIよりは面白いですね。

●女子代表海外遠征 ~チーム紹介~

JCA上海遠征中の女子代表。新生女子代表の雰囲気をアドレのメンバーにインタビュー。チームメイトを紹介してもらいました。

INSIDE ADORE:
それでは、チームメイトを紹介してください。
まずは、キャプテンのエマ(栗林江麻選手@L-Wyvnerns))からお願いします。

シズカ:
日本の大黒柱。練習の時は自分にもメンバーにも厳しいですが、エマの想いはみんなが理解してると思います。オフフィールドではチーム一面白いかも(笑)

万里子:
ントに頼れるキャプテンです。バッティング力とフィールディングのうまさはチーム1です!最近独り言が多いです(笑)

続きを読む "女子代表海外遠征 ~チーム紹介~"
2007年09月24日

●ファイナリスト決定

20/20ワールドカップはインドがオーストラリア、パキスタンがニュージーランドをそれぞれ下し、決勝進出を決めました。
これにより、決勝戦はインドvsパキスタンという、ODIワールドカップ運営者に対する嫌がらせのような組み合わせに。

インド・パキスタンではあまり20/20が人気では無かったということで、ICC的には丁度良かったのではないでしょうか。

決勝戦は日本時間9時から、間もなく開始です。

2007年09月23日

●女子代表海外遠征 ~緊急インタビュー~

JCAアドレから、シズカと万里子が選抜されています。おめでとうございます!
二人には遠征直前にインタビューを行いました。
日本代表として国際大会を戦う二人の意気込みをご覧ください。

INSIDE ADORE:
代表に選ばれた感想を聞かせてください。

シズカ:
素直に嬉しいです。昨年パプアに行ったメンバーとして選ばれなければと思っていましたが、選ばれてホッとすると同時にやらなきゃいけないという気持ちでいっぱいです。

万里子:
今回の選考会は2回と実際に見る機会も少なかったと思いますがその中で選ばれてウレシイです☆6人制の大会で、バッティングとボーリングをバランス良くできる選手と言っていたので、ちょっとボーリングがあまりにも心配だったので(笑)

続きを読む "女子代表海外遠征 ~緊急インタビュー~"
2007年09月21日

●女子代表海外遠征

JCAJCAのホームページで速報が紹介されていますが、日本女子代表が上海へ海外遠征をしております。目的は、上海6人制クリケット大会への参加です。また、それに先立って、中国代表とのフレンドリーマッチも実施されました。

試合形式は、8人制20/20(!?)の模様です。

日本女子代表 won by 83 runs。
バッティングファーストの日本女子代表は147点を獲得します(エマ@51点、万里子@27点)
フィールディングは、チーム一丸となった守備でラストオーバーでオールウィケット。状況から予測するに、相手にバッツマンにプレーをさせなかったようですね。

明日からは上海6人制クリケット大会です。こちらの大会でも良い結果を残してくれることを期待しています。
ちなみにこの大会男女混合らしい・・・

●Twenty20セミファイナリスト決定

サイト更新と同時に放置されていた20/20ワールドカップですが、いつのまにやらスーパー8も終わり、セミファイナリストが決定していました。

パキスタン
オーストラリア
インド
ニュージーランド
の4カ国で、パキスタンvsニュージーランド、オーストラリアvsインドというODIワールドカップでいかにもありそうな組み合わせです。

全体的に今大会は既知感に溢れており、活躍している選手(バッツマントップ3はHayden、Kemp、Pietersen)、勝ち進んだチーム、多少の番狂わせ、チームの相性(スリランカ<オーストラリア、インド<ニュージーランド)など、ODIより短く、かつ同じような結果が見られました。

ということは、ODIいらない。。。??
とりあえずチャンピオンズトロフィーと入れ替えてくれると嬉しいです。
ICCの事だからICC20/20チャンピオンズトロフィーとか作りそうですが。

ちなみに準決勝第一試合は日本時間で土曜夜8時開始です。

2007年09月16日

●クリケット大学日本一決定戦 ~決勝戦~

univ.pngクリケット大学日本一決定戦 決勝戦の結果です。

■男子決勝 慶應義塾大学対同志社大学
 慶応義塾大学の勝利
 慶應義塾大学バッティングファースト。同志社大学を逆転できず、慶應義塾大学が勝利。

■女子決勝 東京工科大学対専修大学
 東京工科大学の勝利
 東京工科大学バッティングファースト。専修大学が逆転できず、東京工科大学が勝利。

以上の結果により、慶応義塾大学と東京工科大学の優勝となりました。おめでとうございます。

続きを読む "クリケット大学日本一決定戦 ~決勝戦~"
2007年09月14日

●クリケット大学日本一決定戦 ~3位決定戦~

univ.png本日(9月13日)開催されているクリケット大学日本一決定戦。午前中に行われた3位決定戦の速報です

■早稲田大学対青山学院大学
 早稲田大学 won by 18 runs.
 早稲田大学:66 runs all wickets. (19.1overs)
 青山学院大学:48 runs all wickets.

2007年09月13日

●クリケット学生選手権日本一決定戦 ~準決勝速報~

univ.png昨日(9月12日)雨で本日(9月13日)に順延となったクリケット学生選手権日本一決定戦 準決勝の試合結果(速報)です。

■慶應義塾大学対青山学院大学
 慶応義塾大学 won by 3 wickets.
 青山学院大学:37 runs all wickets.
 慶応義塾大学:11.2 オーバーで逆転

■同志社大学対早稲田大学
 同志社大学 won by 5 wickets.
 早稲田大学:53 runs all wickets.
 同志社大学:16.1 オーバーで逆転

この結果、18日(金)のアミノバイタルフィールドでの試合は、
・3位決定戦:青山学院大学対早稲田大学
・日本一決定戦:慶應義塾大学対同志社大学
となりました。

明日、学生日本一が決定します!ぜひ、アミノバイタルフィールドでビール片手に(!)観戦しましょう!!

続きを読む "クリケット学生選手権日本一決定戦 ~準決勝速報~"
2007年09月12日

●クリケット大学日本一決定戦

univ.png本日(9月12日)からクリケット大学日本一決定戦が開催されます。
関東大学クリケット選手権を勝ち上がった3大学(慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院大学)と関西・北関東高利ケット選手権の勝者(同志社大学)が、クリケット大学No1の座をかけて戦います。

9月12日(水):準決勝
9月14日(金):3位決定戦/決勝戦

9月14日(金)の3位決定戦/決勝戦は、なんと、味の素スタジアムのアミノバイタルフィールドで開催されます。平日ということもあり、社会人のメンバーは都合がつきづらいかも知れませんが、ぜひ、観戦にいきましょう!

大会の詳しい情報は、特設サイトをご覧ください。
http://www.cricket.or.jp/event/cw2007/

続きを読む "クリケット大学日本一決定戦"

●Fleming引退へ

flemreving.jpgニュージーランドのキャプテンとしてこれまで数々の記録を塗り替えてきたStephen Flemingですが、ODI引退に伴いテストチームのキャプテンシーもオールラウンダーのDaniel Vettoriに渡すことになりました。

セレクターがテストとODIのキャプテンを統一する方針を打ち出したらしく、Flemingもそれを了承。併せて今シーズンが選手として最後になるとの意向を示しました。

Flemingの長期政権もここに来てようやく終焉を迎えましたが、スピナーで怪我勝ちのVettoriが新キャプテンということで、副キャプテンが替わりに指揮を執ることが多くなりそうです。
副キャプテンの発表はまだありませんが、順当に行けばOramやStyrisあたりでしょう。
まさかキャプテンStyrisを見る日が来るとは思いもよらなかったです。。。

2007年09月06日

●Stanford、WIと合意

Stanford20/20がウエストインディーズクリケット協会と5年のフランチャイズ契約を結びました。
これによりStanford20/20はウエストインディーズの公式試合日程の一部となり、代表の試合と重ならないように調整されるとか。

契約費は推定で年間100万ドルとされており、インドのICLと比べると全てが順調に行っているようです。
本当に地域のクリケット発展を願っている団体とそうでない所の差が出た感がありますね。