« 2008年07月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月30日

●NZ新ユニフォーム、しかし。。

sytmarcnk.jpg
クリケットのユニフォームといえば、数あるスポーツの中でも格別のダサさを誇りますが、その中においてニュージーランド代表のユニフォームはまだマシなデザインと言えました。

が、バングラデッシュ遠征を前に、何を血迷ったかCanterburyと契約、そしてやってしまった感のある新ユニフォームを発表しました。それだけならまだしも、モデルにはトロル(Styris)とゴブリン(Martin)を起用。
マーケティング担当の投げやり感がひしひしと伝わってきます。

一応、INSIDE ADORE的には、ボーリング用(ボール磨き用パッチ付き)、フィールディング用(衝撃緩衝材入り)、バッティング用(通気性に優れる)の三種類に分かれたパンツに注目するべきなのでしょうが、最初から全部の機能がついたものを発表すれば良いと思ってしまったり。

2008年09月27日

●クリケット違い

kooro.jpg

Cricketはコオロギという意味も持つ単語というのは有名ですが、しばしば日本語の直訳サイトでは複雑な専門用語も相まって面白おかしい翻訳になりがちです。

観光サイトのasiarooms.comにもニュージーランドでのクリケットを紹介している直訳ページを発見。
つっこみどころが多すぎるため、全文転載します:

続きを読む "クリケット違い"
2008年09月26日

●WCL4部来週開幕

wcl4_logo_horiz.gif

月日がたつのは速いもので、ついこの前WCL5部が終わったと思いきや、もう来週タンザニアでWCL4部が開催されます。

参加チームは以下の通り:

タンザニア(開催国)
イタリア
フィジー
香港
ジャージー
アフガニスタン

今回もいつも通り上位2チームが上のリーグに上がることになります。
5部から昇格組のジャージーやアフガニスタン、EAP地区のフィジー等に期待したいところ。
最新情報によると、フィジーは主力選手のNeil Maxwell(元オーストラリアのプロ選手、お仕事はクリケット選手の代理人)を怪我で欠いているとか。

公式ページはこちら

2008年09月24日

●ジャパンカップ1回戦(結果)

ジャパンカップ1回戦結果のお知らせです。

9月15日:
Predators 対 Paddy Folies > Paddy Folies win
University 対 British Embassy > British Embassy win

9月23日:
ADORE 対 Ichihara Sharks > ADORE win
MAX 対 Wombats > MAX win

以上の結果となりました。

10月4日(土)セミファイナルは
Paddy Folies 対 British Embassy
ADORE 対 MAX
となりました。

続きを読む "ジャパンカップ1回戦(結果)"

●Japan Cup 1回戦 対Ichihara Sharks戦

2008年9月23日(火・祝)ジャパンカップ1回戦対市原シャークス戦が行われました。

ADORE won by 1wicket.
Sharks : 123 runs for all wickets.(30.4overs)
ADORE: 124 rusn for 9 wickets.(39.3overs)

アドレポインター:てらし

続きを読む "Japan Cup 1回戦 対Ichihara Sharks戦"

●Japan Cup 開幕!

今年からJCA公認大会が新しく増えました。その名は「ジャパンカップ」
ジャパンカップはJCA登録クラブが参加できるオープンな1デイ(40オーバー)トーナメント大会です。

2008年度大会のチームは以下のとおり
・Paddy Folies
・Predators
・Wombats
・MAX
・Ichihara Sharks
・ADORE
・University
・BritishEmbassy

J1C1部から、Wombats/Ichihara Sharks/Brithsh Embassy/MAXの4チームが、2部からはADORE/Paddy Folies/Predators/Universityの4チームが参加しております。

大会はトーナメント方式で1回戦の対戦カードは以下のとおりとなります。

JapanCup1回戦:
ADORE 対 Ichihara Sharks
MAX 対 Wombats
University 対 British Embassy
Predators 対 Paddy Folies

2008年09月18日

●野球発祥新事実

ceirncnna.jpg
1755年にイギリスで野球が行われていたという資料が発見されたそうです。
ギルフォードで発見された日記によると、当時野球に興じた後ティーをはさんでクリケットを行ったという記述があったとか。

それを受けてワシントンポストの記者は:
「それこそアメリカの伝統ですよ。アメリカという国は、よその国の素晴らしいものを取り入れて発展させる、そういう国ですから。野球はここで発展はしましたが、バスケットボールみたいに(アメリカで)発明されたとは思っておりません。」
負け惜しみコメント。

起源、発祥なんて言ったもん勝ち、捏造したもん勝ちの感がありますし、イギリスは他にもラウンダースのような野球に酷似したスポーツもあるので、正直どうでも良いですね。

実際の所、野球の本当の起源は民明書房刊の書籍に事細かく記されており、戦国時代に首をボールに見立てた武将が(以下略)。

2008年09月17日

●2008年学生選手権 慶應大学優勝

2008CWW.JPG
というわけで今年の学生選手権は決勝で慶應が青学を破り、見事2連覇を達成しました。
予選リーグでは青学に惨敗を喫していましたが、フィールディングファーストを選択し、67ラン前後でオールアウトに取った後は常に先手を取る展開。
終わってみれば16オーバー過ぎに4ウィケットぐらいを残して逆転、と大舞台での試合経験の差を見せた結果となりました。

筆者も初めてアミノバイタルフィールドを見たのですが、人工芝の地面はかなり柔らかく、ピッチもその人工芝をそのまま使ったため、減速が激しく、かつ良く弾むという雨上がりの河川敷のようなコンディションでした。

そのため、ショートした球は簡単にプルでバウンダリーまで運ばれますが、グッドレンスより少し長めの球に対してタイミングが取れずに浮かせてしまうバッツマンが多数。特に青学は球を待ちきれず3スタンプドを献上しました(慶應キーパーは素晴らしいパフォーマンスでした)。
ボーリングも、慶應は全体的にワイドが少なく長めのレンスで、球速で上回る青学ボーラー陣に全く引けを取っていませんでした。

試合会場の雰囲気は中々良く、もし休日に開催されていればもっと盛り上がっていたはずです。
そのうち写真&動画を編集してどこかにアップする予定。。。
詳細な観戦記もそのうち。。。

2008年09月15日

●Fusion Skyer購入

以前ご紹介したFusion社製のノックバット、Skyerを購入しました。
問い合わせのメールを送ったところセールスマネージャーから返信があり、金曜に丁度1ロット上がったので、一本送ることが出来るとのこと。

お値段は送料込みで75ポンド(約1万5千円)でした。
今回はAeroのように成功するのでしょうか。いずれにせよ楽しみです。

GoogleでFusion Skyerを検索するとINSIDE ADOREが最上位に来るのは秘密です。

2008年09月14日

●2008 J1Cファイナル速報

JCA公認では最高峰として位置付けられているJ1C一部の決勝戦が本日行われ、東京ウォンバッツが8ウィケット差で優勝しました。

決勝戦はウォンバッツとワイバーンズで争われ、200ラン程獲得したワイバーンズを35オーバー過ぎで逆転だそうです。

2008年09月13日

●新全体練習 ~フォト~

新全体練習の写真です。

イベントのたびにたくさん写真を撮っているのですが、なかなか公開することができませんでした。そこでeyeVioのPhotoムービー作成ツールを使って簡単なPhotoムービーで公開することとしました。

●第三回全日本大学クリケット選手権開催

aji-sta3.jpg

2008年9月16日(火)、東京都調布市にあります飛田給のアミノバイタルフィールドにて
「第三回全日本大学クリケット選手権~チャンピオンズウィケット~」が開催されます。

試合のスケジュールとしては、

8:00~ 男子 三位決定戦…早稲田大学 vs 同志社大学
12:00~女子 日本一決定戦…東京工科大学 vs 慶應青学群馬大学連合
17:00~男子 日本一決定戦…青山学院大学 vs 慶応義塾大学
20:45~表彰式

となっております。

続きを読む "第三回全日本大学クリケット選手権開催"
2008年09月09日

●2008 ICCアワード候補者発表

pcanneda.jpgそろそろ定着してきた感のあるICC主催の年間表彰式、ICCアワードの候補者が発表されました。
今年のプレイヤーオブザイヤーはChanderpaul、Jayawardene、Smith、Steynとオーストラリア代表なしになっており、Steyn以外はかなり地味な顔ぶれです。

INSIDE ADOREの予想では、

Cricketer of the year: Dale Steyn
Test player of the year: Shiv Chanderpaul
ODI player of the year: Nathan Bracken
Emerging player of the year: Ajantha Mendis
Associates ODI Player of the year: Ryan ten Doeschate
T20 performance of the year: Yuvraj Singh
Women's player of the year: Lisa Sthalekar
Spirit of cricket: 不明、おそらく弱いチーム
Umpire of the year: 持ち回り制

といった所でしょうか。
一番の注目は選手のファッションセンスであることは、今年も変わりません。
各候補は以下の通り:


続きを読む "2008 ICCアワード候補者発表"
2008年09月03日

●Fusion Skyer

skency.jpg最近テストやODIのウォーミングアップでイングランドが使っているのを目にするオレンジ色のバット。

用具好きなINSIDE ADOREとして調べてみたところ、Fusionというイギリスのメーカーが発売したSkyerというもので、表面に高反発のゴムが貼り付けられており、木製のバットよりもより速く正確な打球を片手で打てるとか。
実際使用している動画はこちら。

お値段は日本円で約12000円ぐらいなので、練習用の片手バットを買うぐらいならこちらを買う方がよさそうです。
まだ販売しているお店は多くないのですが、イングランドの対戦チームが競うようにして購入している所を見ると、数年以内に取り扱うお店及び類似品にあふれることでしょう。

2008年09月01日

●Symondsは川へ釣りに

symonk.jpgオーストラリア代表のオールラウンダー、Andrew Symondsがバングラデッシュ遠征の途中で帰国させられました。

ここ最近はすっかりトラブルメーカーとして定着した感がありますが、今回は試合の前日に釣りに行っていて、チームミーティングを欠席したからだそうです。
ミーティング自体は当日の朝急遽決められ、その頃Symondsは既に外出していたらしいですが、試合日の前日にそういった予定を入れること自体間違っている、というのがチームマネジメントの結論でした。

これによって翌月のインド戦に参加するかどうか微妙になってきましたが、たとえ出場して良い成績を収めたとしても、チームの雰囲気はあまり良くならないでしょうね。