« 2008年11月27日 | メイン | 2008年12月04日 »

2008年12月02日

●アメリカ復活

ICCから国際試合停止及びWCL降格の処分を受けて以来、WCL4部昇格を逃すなど良いニュースがあまり無かったアメリカクリケット代表が、アメリカ地区1部の大会で優勝しました。

最終順位は:
アメリカ(WCL5部)
バミューダ(WCL1部)
カナダ(WCL1部)
ケイマン諸島(WCL3部)
アルゼンチン(WCL3部)
スリナム

となり、元WCL1部チームの意地を見せた結果となりました。
アメリカ地区はほぼ全て外人選手で固められているため、アフリカやアジア程面白くは無いのですが、それでもアメリカの復活は喜ばしいですね。