« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月16日

●YouTubeでIPL放映

今シーズンからIPLがYouTubeで生放送されるそうです。

YouTubeの所有者であるGoogleとIPLが、アメリカ以外の国でストリーミング放送をする事で合意し、それによって得られるスポンサーや広告収入を2社で分け合うとか。
Googleはこれをインドでのプロモーション活動の一環として位置づけているそうです。

イギリスでPPVを契約していたり、アメリカでWillow TVを契約している人にとってはかなり悔しい感じですが、YouTubeの画質がどうなるかまだわからないので、放送が始まるまでしばらく様子見が良いでしょう。
Google様の事ですから、アクセス殺到&サーバーダウンのような自体にはなりにくそうではありますが、逆の意味で期待してしまいますね。

2010年02月10日

●Hawkeye実装

Hawkcnee.JPGCricinfoがカバーしている一部の試合でHawkeyeの機能が実装され、バウンドした位置、コース、弾み具合などが事細かく見られるようになりました。

ボールごとにドットやラン、ウィケットもわかるようになっており、見ているだけでかなりの時間を費やせて居しまいます。特にボーラーには参考になるのでは無いでしょうか。
10年前は1オーバーに1回テキストの更新があるだけだったのですがCricinfoのテキストカバレージの進化っぷりは本当に目を見張りますね。

2010年02月09日

●アイルランド昇格か?

2月10、11日で行われるICCのミーティングでアイルランドのテストステータス昇格が議題にあがるそうです。
アイルランドはここ最近の好成績を盾にテストステータスの申請を11月にしましたが、アイルランドでのクリケット普及率、またインドやオーストラリア等のクリケット大国との関係がネックになり、今回の昇格は見送られそうな雰囲気ではあります。

既にアイルランドはJoyceやMorganといった選手をイングランド代表に取られているため、若干遅かったような気もしますが、代表選手のほとんどがイングランドのプロリーグでプレーしている現状を何とかしなければこの傾向は止まらないと思われます。

アイルランドがテストステータスを取得すれば、現在のテストスケジュールを破棄して2部制を導入する良い機会だとは思われますが、テストの将来が危ぶまれる中これ以上テストの質を落とすのも難しいですね。


2010年02月08日

●女子ワールドカップEAP地区最終予選

今年5月に佐野で行われる女子ワールドカップEAP地区最終予選の対戦相手がパプアニューギニアとサモアに決定しました。

日本とパプアニューギニアは既に参加が決まっていたのですが、今月サモアとフィジーがプレーオフを行った結果サモアが2連勝し、最終予選参加を決めました。

特に第2戦では前評判で有利と見られていたフィジーを38でオールアウトにするなど、力の差を見せ付けており、両チームにとって強力なライバルとなることは間違いありません。
JCAのホームページでもあるように、大会は佐野のグラウンドでゴールデンウィークに行われますので、是非応援に行きましょう。
アドレでも参加ツアーを企画出来ると良いですね。